モンガの西荻日記

<   2008年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今年も残り2ケ月に

    10月30日(木)

 朝起きて、シャワーを浴びるが出る温水が温かくなくて温度設定を上げる。早めに家を出る。すばらしい天気だ、だが昨日が遅かったので身体は調子が出ない。電車、大久保で座れて、ちょっぴり嬉しい。読書、また、ちっとも進まなくなってしまった。朝から、座席、隣のオネエサンが笑い声を上げて読んでいるのがうらやましい。残り、2ケ月間、今年は200冊もいかない。アーア。
 帰り、早めに会社を出て、早め寝る。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-31 15:30 | Comments(0)

長い一日に

  10月29日(水)

 だんだんと冷え込む季節となって、ようやく秋だと知る。それでも、家の前のイチョウは色づいていなくて、緑で一杯だ。朝、ウダウダしなくて会社に行く。フロアには2人しかいない。七時半なのだ。これから、長くて短い?会社生活の1日が始まる。外か来た人と話ししていたら、鈴木英治という作家の本を読んでいるというので、その作家なりを聞く。シリーズだが1冊ごとに完結しなくて、ずっと続いているという。こういう本も珍しく感じる。6時前に会社を出て、荻窪を廻って、千駄木に行く。千駄木の茶話会に。駅に降りたが、まだ時間があるので千駄木<ブ>に寄る。狭い通路で本とにらめっこして、ふと見ると懐かしい顔が、棚の間から、お互い目が合って笑顔になってしまう。北方人さんだ。本を選びながら、また外に出て歩きながら、近況を知る。いつもの常連さんが《一箱古本市》に出ていなかったので寂しいことを伝える。北方人さんも講演などで忙しい日々だったようだ。《ブーサンゴ》での茶話会、青秋部Nさんの話を聞く。青秋部N・Iさんと《一箱古本市》の関わりから今までの歴史が、事を起こすことがいかに大変だと分かる。それだけに貴重な体験が何かが大きな財産になっていることは確かなような気がした。助っ人をするとよく分かるが苦労の数々を思い知らさせられることが多いのだ。それから、南陀楼さんの仙台の古本市のことを聞く。こちらは、光源寺への本駒込からの道順が分かりにくかったことなどを言う。私は、11時過ぎたので、挨拶して帰るが、まだ盛り上がっていた。御茶ノ水の駅で、快速が丁度来たので乗れたので、意外と早く西荻窪に着く。スーパーに寄って、パンを買い、住宅街を買ったパンをほうばりながら善福寺川からの坂道歩くと今日一日が終わったような気がする。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-30 09:11 | Comments(0)

飛行船

f0030814_16144926.jpg



   
  10月28日(火)

 会社のビルの小道を隔てて郵便局があるので何かと便利だ。ATMで現金を下ろす。千円札が表、裏ばらばらに出てきた。たびたび、こういう現象を見かけるようになったが、以前はなかったように思う。宝くじ、ロトなどで高額賞金を何度も当てている人が、当たる心構えの一つに、お札はキチンと表を並べてサイフに入れることを上げていた。無造作にするとお札が逃げてしまうようだ。無造作の人は、ジャンジャン買物をするようになりお札も入ってこないという訳だ。4時半過ぎに眼科に薬をもらいに行く。オバサン、二人が空を見上げていて、話しているので、振り返って空を見上げると飛行船が飛んでいた。ちょっと歩き、携帯を出して撮ったが、どデカク見えた飛行船が米粒のようにしか写っていなかった。夕焼けの中の飛行船が、UFOのようにしか見えない。柴門ふみさんが鎌倉の仏像をたずねていく番組を見ていると、報国寺が出てきた。もう、何年も行っていないが、竹の寺として有名だが、仏像は見なかったので行ってみたくなった。その後の町田康が案内役の中原中也を探る番組は途中で眠くなり、そのまま寝てしまった。
 そう言えば、帰りスーパーに寄って、パンを2ケ買ったのですが、「袋入りますか」と聞かれ、「お願いします」と答えたが、「192円です」「…」、パンを袋に入れて渡してくれました。1ケ97円で194円用意していたのですが、あまりにも可哀想なオジサンだと思って袋分ー2円を付けてくれていました。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-28 16:14 | Comments(0)

認識不足

       10月27日(月)

 月曜日は疲れます。帰る時間になったら、大雨、雷も鳴っている。小降りになって、会社を出る。荻窪で降りたら、雨が降った形跡もない、どうなっているんだろうか。夏の夕立ちみたいだ。『原因は医師不足です』病院をたらいまわしのあげく亡くなった女性の件で舛添大臣が言っていた。臆面もなく言える不思議さを感じる。現場で働く人たちは知っているのでは、認識不足だろう。でも、地方の医師不足は何年も前からドキュメントで放送していたので分かっていたが、都市でも医師不足とは驚く、医療の行政とか、未来をどうやって見通しを立ててきたのか。医師を目指し人が減っているのか、産科医が減っているのは少子化という背景があろうが、よくわからない。姉が緊急病院で働いていたころ、もう何十年も前だが、その過酷さを語っていたが、次から次へと患者が運び込まれてきて、人間と見なくて、商品みたいな感じにならないと仕事がやっていけない、と言っていたのを思い出すと、こんな状況は何十年前から起こっていて、何も解決していないのだろうか。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-28 09:08 | Comments(0)

ハローウィン

   10月26日(日)

 朝、家を出たら小雨が降っている。駅に向かって歩いていると、前の家族連れが「今日、雨が降るって言っていなかったよね」と会話が聞こえてくる。私もテレビのお天気オネエサンも晴れます、と言っていたように聞こえて、雨だったので耳までおかしくなったのか、と思ってしまったが。今日も西に行って、Yさんところに寄って、『情熱大陸・内澤洵子編』の録画を見せて頂いた。画面に映っている人たちが、今では、ほとんど知っている人になってしまったので新鮮であり、懐かしくもあり不思議な感覚だ。くいいるように何回も見てしまった。先日、一箱古本市のとき、内澤さんと目が合ったので挨拶したら、『どなたさまでしたっけ』『モンガ堂です』『…』。何回も会っていないので?だったと思う。『情熱大陸・内澤洵子編』の最初の場面、内澤さんが新橋で中年男性をスケッチしているところから始まっている。これが、今回出される本の内容なのか、『おやじがき 絶滅危惧種(レッドデータ)中年男性図鑑』 にんげん出版。
 家に戻って、ゆっくりして、高円寺の西部古書会館の古書展へ。2日目の4時前というのにお客さんが多めで賑わっていた。帰り、阿佐ヶ谷へ、アーケードを歩いていたら、陽気なジャズが流れている。垂れ幕で24日、25日とこの辺一体でジャズの催しがあったんだ、と気づく。ハローウィンの格好した子どもたちを何組も見たが、こういう風習が根付き初めているのだろうか。スーパーの売場では見かけるが、実際自分で見たのは初めてだったので驚いた。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-27 10:01 | Comments(0)

どこも人が

f0030814_7363894.jpg


  10月24日(土)

 『朝まで生テレビ』を朝三時まで見てしまった。司会の田原総一郎さんは、知っていて相手に聞くということをときどきやるが、どうも好きになれない。午前中、西に行ってYさんに会って、いろいろ話す、2時間も。帰って、横になると寝てしまうので、すぐに出かける。昼飯を坂本屋に寄ってと思ったが、まだ何人か並んでいたので、あきらめて日高屋へ。そこから、五反田の古書展へ。1階がスゴイ込みよう、3冊見つけて買う。荷物を預けて2階へ。今日は三五さんがこっちにいた。文庫本、1冊。御茶ノ水へ。御茶ノ水も人がワンサカいた、なぜだろうか。ヒナタ屋で読書、車谷長吉【銭金について】朝日新聞社。エッセイ本。独特のものがあって、たまに読むにはいい。銭金について、いろいろがいい。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-26 07:36 | Comments(0)

釣堀、全部占領だ。

f0030814_20291127.jpg



  10月23日(金)

 ・荻窪<ブ>で精算したとき、本を袋に入れて、『お客さん、荷物が重いので気をつけて帰ってくださいー』、咄嗟に歩きだして、つまずこうかと思って、それが出来ないのが情けない。何しろ、買ったのは4冊の文庫本だけだったのだから。

 ・うどんを茹でて、皿に移すとき、拍子にこぼれ落ちるときがある。他のモノは、ある程度ものなら、すぐに拾いあげて口にすることができるが、うどんなどの麺はダメですね。いもむしみたいに見えてきて。

 ・電車が、次の駅に入ろうとしたとき、座っている人が降りるために席が空いた。それを二人のオバサンが譲り合っている。駅に着いたら、すっーと若いアンちゃんがゲームしながら座ったのだ。これって、漁夫の利じゃないよなー。

 ・麻生総理の食事、飲食が話題になっている。ホテルのバーなどなので、庶民と掛け離れているとメディアが放映していたが、もともとがそんな習慣なのに、庶民など考えていないよ、考えていれば政治屋になんかなっていなくて、僧侶かになっていると思うが。

 ・朝まで生テレビを見てしまった。金融不安、参加者みんな、こうなることをわかっていたという。オイオイ。森永卓郎さんが言ったことが。『外資に入って、2,3年で日本の社長と同じ年収2000万、3000万もらうということ自体、詐欺まがいみたいなことをやっていなくちゃ、そんなに給料はもらえないよ』、みたいなことを。証券、債券、ファンドとか、お金のゲームなの。ゲームにゃ終りがあるが。お人よしの日本がお金を出して、アメリカを助けるようだ。日本の庶民の貯蓄が狙われているようだ。日本がバブルのとき、エラク安い金額で銀行、生命保険会社など買ったんじゃなかったけ。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-25 20:29 | Comments(0)

雨が茶色・チョコレート色に

f0030814_8554851.jpg


  10月23日(木)

 朝、坂のところ、エスカレータなど、前の足元ばかり見てしまう。女子高校生のルーズソックスを見なくなったような気がする。スカートには、真白いのがすがすがしていい。今日、前を歩いている女性の足首に豹柄模様のわっかみたいに、ファッションの一つだろうか。ちょうど、携帯が鳴ったのでカメラで写してしまった。ファッションにもいろいろあるものだと思っていて良く見たら、その女性は知っている会社の人だった。
 午後から雨が降り出した。駅から、そんな中を歩いていると美味しい匂いが鼻をついてくる。雨のせいか、拡散されなくて漂っているようだ。以前、東上線で行く川越先の方の団地に住んでいるとき、雨でどんよりした天気になるとチョコレートの匂いが団地全体に充満していた。某大手の製菓工場が近くにあるからだ。偶にいいが、何時間も続くとそんなにいいものではない。匂いは見えないが、赤外線とか特殊な光線を当てると雨が茶色・チョコレート色に写るのだろうか。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-24 08:55 | Comments(0)

野菜を

10月22日(水)

 昼、コンビニで精算のために並んでいたら、前の若い女性がおにぎり2個、カップ麺小1個、野菜サラダを買っていた。730円、これなら、どこかお店で食べた方がよさそうな気がするが。朝は、ほとんど食べないが薬を飲むのでパンを食べていたら、後輩にそんなものばかり食べているから身体がおかしくなるんですよ、と言われてしまった。じゃあ、何を食べるのか、と考えてしまう。栄養のあるものか、免疫力のあるものか、などと。野菜を食べていないなー。以前、団地のバドミントン同好会みたいなところに席をおいていたとき、肉は食べず野菜中心の女性の人がいたが、流石に贅肉はなく動きも俊敏だった。でも、野菜で腹をみたすためにはどれだけ食べればいいのか。ウーン。今、生まれてくる赤ちゃんは、200人のうち1人が何かの異常らしい。よくわからないが、これなんか食べているものの結果なんだろうなー。今、食べている人はいいが、その子になんらかな影響が出てくるのが怖い。午後、先日の結果を聞きに病院に出かける。胃カメラの写真を見て、どこも異常なしと先生が言う。でも、背中に張りが、じゃあ超音波検査ですい臓を見てみようとなる。会社の定期健康診断、超音波検査で異常はなかったが心配なので受けてみることにする。病院の行き帰りで文庫本が1冊読めた。ようやく読めるようになってきた。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-23 09:48 | Comments(0)

缶コーヒーのオジサン、トミーって言うんだ。

  10月21日(火)

帰り、飯田橋ギンレイホールで【告発のとき】(http://www.ginreihall.com/index.html)を観る。オモタイ映画だなー、戦争反対じゃダメなんだ。戦争は、身内が身内が殺すのが一番酷で辛いねー。アメリカという国はイラクで誰のために戦っているのか、イラク市民のためなのー。自国の利益のため、…。トミー・リー・ジョーンズ、博学でスポーツマンなんだ、知ラナンダ。シャーリーズ・セロン、いいね。映画宣伝用のキャストで見て知るがキツイ体験をして俳優になっているんだ。母親役、スーザン・サランドンだったのを、これを書くために飯田橋ギンレイホールのサイトで知った。スーザン・サランドンの【テルマ&ルイーズ】は、良かった。最後シーンが、何もかも忘れて空に飛びたい。2本目はパスして、飯田橋<ブ>に寄る。ちょっと廻ったが、何も見つからなく、絵本売場で井上洋介:絵、筒井敬介:文【ぶんぶくちゃがま】を見つける。トムズボックスの10月、井上洋介水彩画展(http://www.tomsbox.co.jp/gallery/thismonth.html)をやっていることを思い出したんで。まだ行っていない、吉祥寺だから歩いて行けると思って行っていない、忘れずに時間を作って行こう。(モンガ堂の日記より)

 
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-10-22 12:20 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧