モンガの西荻日記

<   2008年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

みちくさ市

f0030814_2348151.jpg



   11月30日(日)

 キャリーカーを引っ張って、朝8時半過ぎに家を出る。やっぱり寒い、もっと重ね着をしてくれば良かったと思うがそのまま出かける。新宿で乗り換えて、目白で降りて歩いて行く、この歩道も家の前と同じで色づいているイチョウ並木が続いていた。金曜日にダンボール2個、託送で送っているので、文庫本だけなので、キャリーカーもスムーズだ。みちくさ市の幟が何本も立っていたので、場所が直ぐに分かり、受付で参加料を払って、所定の場所に行くとダンボールが置いてあった。さっそく、準備していたら、早くも覗き見のオジサンがいる。そんな古書的なものは持って来ていないのに。ここは、3店が出していて、WILL編集部(女性2人、男性1人)、そらみち書店?(女性2人、男性1人)、なんとも羨ましい。WILL編集部、本も新しいのが多い、手袋など、そらみち書店?、文庫本が50円(外国物)、ポストカード、古着?とか、いろんな物が並んでいた。私のところだけさびしいので、心配してくれたのか、ここのスタッフのNEGIさんが最初に本を買ってくれた。あと、知り合いの人たちが何人か買ってくれた。退屈さん、一箱古本市清秋部のIさん、Nさん、たけうまさん、ノンちゃん(見に行けなかったのが残念)などなど。日差しが当たらないのと、T字型のわき道から風が吹きこんできて、じっとしていると寒い。歩いて見て廻る人にとっては、ちょうど良かったのか。1人だったので、最初だけ他の店を見たが、ほとんど見られなかったのが残念だった。本だけでなく、本当にいろんなものを出していた店が多かったというのを後で聞いて知った。鬼子母神で手創り市をやっていて、メトロ・雑司が谷に流れるとこの商店街を通ることになるが、また、池袋の方に引き返していく人たちが多かったのかが、よくわからない。商店街から、道行く人たちに無料でペッボトルが配れていた。それが目の前で、うーん、お客さんがこちらに目を向けない。商店街も非常に協力的現われだ。50冊程度売れました。最後に何かと気を使って頂いた大家さんに本を選んで頂いてお礼としました。商店街の人、わめぞ、スタッフ、そして買って頂いた皆様大変お世話になりました。


  写真は、終わりごろに写したものです。他店のを見ると飾る付け、宣伝が巧い。
  何も工夫がありません、今後の課題です。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-30 23:48 | Comments(0)

愉快なトークショー

f0030814_19331635.jpg


 
    11月29日(土)

  家の前のイチョウも色づいてきました。もう1ヶ月で今年も終わりです。今年も良いことはあったのかなーと思うこの頃だ。12時頃、吉祥寺の古書りぶる・りべろに行ってみるが12時半からと張り紙があり、吉祥寺<ブ>を見て廻るが何も見つからない。モバイル会員は20%引きなのに残念。引き返して、古書りぶる・りべろに行く。閉店セール50%引きだが、もう良い物はなくなっているようだ。神保町に移転されるようだ。電車・中央線に乗って御茶ノ水へ。東京古書会館の古書展を覗いてみる。田邊茂一【茂助の昨今】がペンのサイン入り500-をようやく見つけ買う。東京堂書店での内澤旬子さん×平山夢明さんのトークショーへ。客席は満員、先日会った装丁のiさん、古書ほうろうのMさん、一箱古本市のBさんなどがいらっしゃっていた。トークショーは、始まってから平山さんがハイテンションだった。昨年、西荻ブックマークでのトークでは、オトナシイ感じの人だと思ったが、あの時はメインでなかったからだろうか。内澤旬子さんの「おやじがき」(にんげん出版)刊行記念なので、出版に至るまでの話で始まるが、横からいろいろチャチャが入ってしまう。「おやじがき」の受け取りかた、イメージがわかるようだが、内澤さんの基準が分かるようでわからない。トークショーが漫才でもないし、掛け合いでもないし、なんだろうか、笑い声が溢れぱっなしの90分間だった。南陀楼さんはカメラマンになって何枚も撮られていた。内澤旬子さんは、キレイだった、それも輝くようにキレイだった。いつもメガネを掛けているところしか知らないので、今日はコンタクトなのだろうか。『情熱大陸』のオープニングもメガネはなしではなかったか。ヒナタ屋で休憩して熱いホットミルクを飲んで帰る。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-29 19:33 | Comments(0)

笑顔の応対が嬉しい

    11月28日(金)

  昼間、銀行へ。日曜日、みちくさ市のために100円玉にするために両替をする。ATMには、月末のためか長い列が続いている。フロアにいる案内の人に聞いたら、丁寧に教えてもらった。当り前のことだが、こんなことが嬉しい。会社に戻るとき、路上で託急便さんに会ったので、今日、夜出したら、こちらも都内から都内なら明日に着くとのこと。大丈夫だと返事が帰ってきた。ネットで調べて、もよりのサービスセンターに聞いたら、ちょっとちぐはぐな答えが、荷物・本が重いので取りに来てくれるのが一番いいと思ったのだが、コンビニに行った方がいいとの答え、そんなことなら廻りに聞いた話と同じではないか、ちょっとがっくりになる。帰って近くのコンビニまでダンボールを持って行き、聞いてみると、午前中でも着きますがとの返事だ。ここでも、荷物の持ち運びまでやってくれた。さわやかな青年で笑顔の応対が嬉しくなってくる。さて、無事明日時間まで着いてくれるかだ。家人がいなくて、ご飯が沢山残っていたのでお茶漬けにして、家人bと食べる。ちょっと物足りないので、外に出たいがそのまま外出せず、お茶を何杯か飲み、お腹を充たしてしまった。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-29 09:20 | Comments(0)

お日様がないと

  11月27日(木)

 帰り、スーパーの壁にポスターに[KY]の文字が、今はやりになっている。[KY]カカク ヤスイ、何かありきたりな発想だ。[KY KY]心に優しく価格が安いとか。麻生総理が[KY]空気が読めない、漢字が読めないとか言われている。[KY]軽い、友人は持ちたくないとか言われそうな感じになってきた。[KY]は、危険予知で知られていて、[KYK]危険予知訓練として研修などで出てくる。昼間、雨が降って、お日様がないと暗い気分です。景気も良くない、大体の会社が大幅な減益予想が出てきた。インドでは、テロが起きたし、全人類が幸福になることはなかなか難しいのか。事の発端は、アメリカだが、今まで見過ごしてきた人には罰則はないのかなー。アメリカで何かが起きたら、世界全体がおかしくなるグローバルスタンダートなシステムというのは何か欠陥があるのでは、と考えたくなる。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-28 12:37 | Comments(0)

茶話会に行く

   11月26日(水)

 帰り、千駄木のブーサンゴでの茶話会に行く。ちょっと遅いかと思ったが誰もいない。江戸前の男・春風亭柳朝一代記を読んで待つ。落語、寄席で聞いたことがない、どこかのホールみたいなところばかりで一度、寄席で聞いてみたい気がしてくる。茶話会では、無声映画伴奏家・ピアニストYさんの話を聞いた。話し方が勢いあるしゃべりかたで圧倒される感じだ。無声映画伴奏家になった経緯、現状など。サイレント映画に、弁士、演奏家、なかなか調和が難しいそうだ。映画が主体か、弁士が主体か、音楽が主体か。8mm映写機、フィルムなど捨てられる運命にあるのを生かしてほしい、そういう取り組み方もしているようだ。ちひろ美術館に行ってきたとのことで、茂田井武展のことをちょっと喋る。帰り、新御茶ノ水まで、装丁のIさんと3人で一緒に。いろいろ楽しい話を聞けた。中央線、各停で帰ったので時間が掛かった。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-27 12:55 | Comments(0)

この時期、半袖シャツ

 11月25日(火)

  朝、駅のホーム、半袖シャツの男性がいた。流石に、この季節だと特異体質か、変わり者だろうか。長袖シャツも見なくなったが、半袖とは。私も小学生・5,6年生の頃、冬の時期に靴下を履かなかった。そういう子どもが、もう一人いた。裸足だと感覚がなくなるが、もうお互い意地みたいなものだった。頑固なのか、単なる変わり者だったのか。帰り、新宿で降りて、西口広場でやっている新宿西口古本まつりを覗く。新宿駅に向う通り道なので、会社帰りのサラリーマン、OLさんが目に付いた。小野十三郎【奇妙な本棚】が500-、函が痛んでいるが中身はきれいだったが、持ってるし、あと一冊見つけたがそれも持っていて買わなかった。文庫が多い、そして図録ものが多い古本まつりだ。寒いので、一回り眺めて帰る。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-25 23:55 | Comments(0)

日展を見に行く

f0030814_14574313.jpg



    11月24日(月)祝日

  昼前から、六本木の国立新美術館で開催されている日展を見に行く。寒い、マフラーが欲しい。どうして、こんなところに国立新美術館が出来たのか、何か道順が良くない。上野の森みたいに全体が芸術観があればよいのだが。1階の日本画、洋画から3階の書までちょっと早足で見て廻る。いつも日本画がよく感じるのだが、今年は、洋画の方がよく見えた。日本画は、ぼんやりした絵が多かった。工芸を見て、彫刻を見る。知人の彫刻は、今年も女性だが、細身でジーンズ姿だったがよく出来ていた。書は落款があったので長めに見入った。外に出ると、雨が降っていて寒い。メトロ・大江戸線とJR・総武線を乗り継いで吉祥寺の百年へ。吉祥寺は、賑わっていた。柴崎友香さんの写真が展示されているというので見に来たのだ。壁に四つ切タイプのものが何枚か展示されていた。しかし、驚いたことに写真の四隅に緑色のテープで止められているだけだった。額はともかく台紙の上に載せて展示することは出来なかったのか、何か残念に思った。それとも、何か狙いがあってこうしているのだろうか。外国の旅行で撮られたものと、はっぴ着ているからどこかの祭りだろうか。可もなく、不可もない写真だった。外は、寒い、それと雨が降っているので余慶冷たく感じる。絵本の店・トム・ボックスにも寄ろうかと思ったが、今日は寄らずに帰る。JRの改札口にあるユニクロには長い列が出来ていた。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-24 14:57 | Comments(0)

方向音痴

    11月23日(日)

いわさきちひろの《ちひろ美術館》に、初めて行って来ました。快晴で歩いて行くことに、西荻窪、駅からの道を真直ぐに歩くと西武新宿線に着くとネットで確認して出掛ける。西武新宿線までは順調に行ったのだが、そこからメモ書き・地図を忘れたので迷ってしまった。駅の方に戻ったら、ちゃんと電柱に行き順が載っていた。家からでもいつも歩いて行く吉祥寺より、こちらの方が近いのではと感じてしまった。二時ころ着いたが、お客さん・家族連れやカップルで賑わっていて、入り口近くのテイルームは満員だった。企画展、ブログで出ているのを見て〔茂田井 武展〕が気になった。うーんこれはよかった。1908~1956で、今年生誕100年になる訳です。展示されているどれもが目を引いたが日記に載っていたデッサンが良かった。展示されている作品は、よく見ればどこかで見たことがあるが、こう言う人がいたことは知らなかった。〔いわさきちひろ ヨーロッパを訪ねて〕をやっていました。ヨーロッパの風景がちひろの絵とマッチして、何ともいえない気分になりました。いわさきちひろの絵は、何かもの哀しく感じますが、雰囲気が温かい気持ちになります。いわさきちひろの仕事場がそのまま復元されている。左ききのために、右側に窓があり、大きな机に画材が並んでいて、使いやすいそうな感じだった。道順も分かったし、また今度来ようと思う。帰りはバスで荻窪まで行き、電車で高円寺の西部古書会館の古書展へ。二日目なのにお客さんが多い、一回りして何冊か買う。電車に乗って帰るとき、窓から見える光景、夕焼けに山々・富士山の稜線が見えて版画を見てるようだった。

 ちひろ美術館
 http://www.chihiro.jp/tokyo/
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-24 09:38 | Comments(0)

音のない記憶

          11月22日(土)

 黒岩比佐子【音のない記憶 ろうあの天才写真家 井上孝治の生涯】を読む。この本の22ページの冒頭に「人間の曖昧な記憶に比べて、写真が提示する情報は、ディテールまで克明に語ってくれる。また、セピア色の古い写真はどこか謎めいていて、見る物の想像力をかき立てずにはいない。まさに、写真は過去に開かれた記憶の扉でもある。」この本には、有名な写真家・木村伊兵衛なみの写真が何十枚も掲載されている。それほど、アマチュアでありながらスゴイ写真家であったことが分かる。その井上孝治の生涯を描いた作品・本だ。三歳で事故にあいろうあ者になった孝治が、写真というものに出会って、それに乗り込めりこんで行くことになる。聾学校時代から亡くなるまで、その好奇心の旺盛さだ。日本に被写体がないと感じると返還前の沖縄、そしてアメリカ、ヨーロッパまで出掛けている。家族の理解があって出来たことだろう。亡くなるまで、写真の情熱がなくならなかったことをこの本は伝えている。この本にするに当たって、相当な取材、資料集めが必要だったかが想像できる。それと言うのも、黒岩比佐子さんの講演を春先に聞いたからである。そのときは、女性写真家を探し出す話だった。この本に掲載されている写真を眺めていると、その時代のことが、決して裕福でないが人間には明るい眼差しがあるのだ。人間の本来もつ感情が、その何か、豊かなものが写っているのだ。午後から、御茶ノ水へ。東京古書会館の古書展を行く。和田芳恵【樋口一葉伝 一葉の日記】昭和18年、を買いたかったが、あまりにも状態が酷かったので止めた。200-だから買っとけば良かったと後で思う。その後、神保町をぶらついて、ヒナタ屋で休憩して帰る。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-23 12:07 | Comments(0)

『セチガナイ、ヨノナカダ』

f0030814_8581890.jpg


     11月21日(金)

 午前中、会社から抜けて証券会社に行く。ないと思っていた株券が家にあったので「ほふり」に預けるためだ。この会社、いま盛んにコマーシャルを流している。担当者に会っていろいろ話す、新しい会社になって来たことがないと言うか、この何十年間、書類だけのやりとりだったのだ。名詞交換したのだが、割と私の会社の分析は当たっていた。経済といえば、お金が血液のようなものだが、このごろの問題でお金はどこに流れていくのだろうか。言いたいことが一杯あるが、今日は止めとこう。携帯に福岡の王子さんからメールが届いていたのを会社に戻って知った。今年も資格試験が出来なくダメみたいだったようだ。でも、偉いなー直接関係ないんだから。何か学習をすることは大事だが、本当に受かる気があるのなら、王子さんともあろう方が必至さ、足りないのではとキツイ言い方をしてしまいたくなる。試験というのは、その過程の勉強の必至さを判断しているように思うのだ。私など何かに向って勉強をするというのがなくなっているが、こういうのを学習すること・時間を持つことも大事なことのように感じる。まあ、来年しかないと思って頑張ってください。帰り、スーパーに寄ってレジが早く済むようなところに並んだが、後ろに隣のレジと二股を掛けた夫婦がいて、その夫婦が先に横の列で早くレジを済ませている。うーん、『セチガナイ、ヨノナカダ』。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2008-11-22 08:58 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧