モンガの西荻日記

<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

-

f0030814_1215224.jpg




    9月27日(日)

 天気は良いのだが、身体的・精神的に不安定で、部屋でじっとしている。井草八幡宮の祭りで神輿が通るが何の感慨も覚えない。青梅通りには商店街の名前を入れた提燈が並んでいることに気づく。夕食を摂ってから、地元の古本屋を巡るが何もこれといったものはない。なのに、バックが膨れる。出久根達郎【いつのまにやら本の虫】講談社文庫・エッセイを読む。文庫本で、短いのは1ページ分もないので、今の私にも読めると思って手に取った。そこにこんなことが書いてあった。新刊書店・大型店舗に勤める27歳の人が、年数が経つにつれフラストレーションがたまってくる。どうしてかと思うと新刊書店では、本の話をお客と存分にできない。ある一軒の古本屋に入って、無愛想だと思った店主が気軽に本の話・本にまつわるエピソードをいっぱい語ってくれた。その新刊書店に勤める人が、客と思う存分に本の話が出来る古本屋に転職したのだ。古本屋の店主がいう。


 客と積極的に対話せよ。まずそう言われた。Kさんの望むところである。
 店主は言う。書物の世界は広く深い。自分一人の力で見る範囲は限られる。客と話をすることで客の知識を盗む。十人の客と語れば、十冊、いやそれ以上の本を読んだのと同じである。しかし盗むだけでは客がいやがる。店主も勉強し、客に与えなければならない。
 本の好きな客は、本の話をすることもまた好きなのだ、という店主の言葉は、Kさんには身にしみてわかった。本屋は本を売るわけでなく、本の話を交わす場でもある、とこれまた、なるほどと納得したが、さて現実となると古本屋はともかく、新刊書店ではいかがなものか。Kさんはそちらの現状を見てきた人である。

 
 秋の不忍ブックストリート・一箱古本市の店主マニュアルが届いていたので、じっくりと見る。この一箱古本市の原点が本の話を交わす場でもあるような気がする。が、それに伴っていないのが私の実情だったりする。アーア。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-28 12:15 | Comments(0)

雄鶏社

f0030814_8571348.jpg


     9月26日(土)

 高円寺の西部古書会館の古書展は、相変わらず帳場の声も大きかったが、お客さんも多かった。午後3時過ぎだったが。河上徹太郎【読書論】、西條八十【詩の作り方】を買う。装丁が青山二郎、恩地孝四郎。それと、二つとも発行所が雄鶏社というところだ。雄鶏社は、今年四月に倒産したというニュースを聞いて驚いたものだ。ウィキペディアでは、倒産の理由を出版不況と暖冬になったためにと倒産をあげているのが雄鶏社の売上げの特長を現している。雄鶏社というと編み物・手芸ものの本を出しているとイメージが強いが、以前は文藝ものも出していたのかと思って購入したのだ。向田邦子が、この会社で映画雑誌の編集をしていたことも知られている。高円寺から神保町へ行ってヒナタ屋で休憩して、やまがら文庫さんと買った本を見ていたら、その中に《おんどり出版ニュース》が入っていた。それを見ると、第1号、昭和25年12月20日発行となっていて、A4版で編み物・手芸ものは勿論だが思想、建築、映画、小説など広範囲の目録が載っている。第1号というものに価値があるように思うのだが?。ヒナタ屋では、田川律さんの料理、『きのことトリ団子スープ定食の巻』を食べる。いつにもなく美味しかった。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-27 08:57 | Comments(0)

1日に3時間、10年間、10000時間

      9月25日(金)

 空前の堺雅人ブームである。と言っても世間ではどうかは知らないが、読書サークルでは女性に人気があるようだ。昨年のNHK・大河ドラマ《篤姫》に出演で公演し、今映画で引っ張りだこのようだ。あの顔・笑顔が女性を惹きつけるのか。そこにこんなものが紹介されていた。《ほぼ日刊イトイ新聞 ―堺雅人さんと、満腹ごはん。》糸井重里さんとのゲストが料理を食べながら対談するもののようだ。17章もあってかなり長いものだが、最後の章にこんなことが載っていた。


 糸井     それは吉本隆明さんが言ってる
         「10年間」なんですよ。
         なんでも、10年続ければものになるっていう、
         その10年間。

 堺       なるほど。

 糸井     3時間ずつの10年間と、
         10,000時間は同じなんですよ。
         ビル・ゲイツは、コンピューターが珍しい時代、
         使用料1時間あたりいくらみたいな
         高いお金取られる時代に、
         ただで使えるラッキーを手に入れてる。
         ビートルズはハンブルクで
         8時間ぶっ通しで演奏しろ、みたいな
         こき使われ方してる。
         で、それのおかげで10,000時間になってる。


 1日に3時間、10年間、10000時間、一つのことを続けると、その先に何かが見える。イチローなども引き合いに出されているが、天才はどこかで持続という努力を忘れていないのか。今日は、夕方から会社の同僚のお母さんの通夜に町屋まで行く。帰り、一緒に行った同僚が言っていたが、戒名がかなりの文字数で100万くらいするのではと聞いて驚いた。1文字10万くらいとのこと。そんなことも知らないのですか、と言われてしまった。ションボリして帰ってきた。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-26 10:42 | Comments(0)

山陽堂書店

      9月24日(木)

 昨夜、寝れなくなり3時過ぎまでテレビを見る。NHKにタモリが出ていた。【ウラタモリ】、【ブラタモリ】とかいう番組だった。明治神宮からの湧き水がどこへ流れていくのか、表参道はどこへいくための道路だったのか、などなど。渋谷川があって、ここが歌唱曲の<春の小川>だったとか。この番組を見ていても、東京オリンピックで東京の街はガラリと変わった、不都合なところには蓋をしたようだ。山陽堂書店という本屋さんは、かなり大きい建物で営業していたが、東京オリンピックのために青山通りが拡張されるために、今のような薄べったりの現在の建物になったようだ。外壁が谷内六郎さんの絵が印象的だ。3時間ほど寝るが連休後は、疲れます。寝不足がアルツハイマーかとネットのニュースに載っていたが、近頃顔は思い出しても名前が出てこなくなった。今日、眠くはないが、身体が頭と分離している。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-25 12:36 | Comments(0)

連休終る

    9月23日(水)秋分の日

 休み慣れしていないので使い方がわからないまま過ごしてしまった。

《ナニコレ 珍百景》、この手の番組が好きなのだが、3時間スペシャルなので期待したが、これといったものがほとんど出てこなかった。3ケ月に一回くらいの放送にして、もっと、ナニコレ!珍百景といったものを見せてほしい。ニュースで流れる<八ッ場ダム>が(やんばダム)と読む・言うのが珍かも知れない。

 プロ野球セリーグ、巨人がリーグ3連覇した。以前の9連覇以来の3連覇らしい、と言うことは原監督が名監督の仲間入りなのか。春先言った通り、ハンデ10ゲームでもよかったのかも。2位に10ゲーム以上、3位以下だと20ゲーム以上離しての圧勝だ。でも、スターティングメンバーの半分は若手で名前すら知らない。これから、CS、日本シリーズに負けたらといらぬ心配が。

 作家・庄野潤三さんが亡くなられた。学習院の講座で岡崎さんの講話で庄野さんの名前を聞いたせいか、何冊か読んだ。後期のもので、家族のことやらが多いエッセイみたいものだが。夜、庄野さんがハーモニカを吹いて、奥さんがピアノを弾いてとか出てくると、何か、豊かな生活、豊かな日常な気がする。こんなところを読むと、こちらまで豊かな気持ちにしてくれる。大病されたせいか、日常的に散歩されることが載っていた。その散歩の途中ですれ違う人に、巨人の藤城さんとその奥さん・子供さんの名前が度々出てくる。藤城さんは、今何をしているのだろうか。なにわともあれ、庄野さんのご冥福を祈りたい。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-24 12:20 | Comments(0)

「三省堂へ行きましょう」

f0030814_2055332.jpg


  9月22日(火)

  11時過ぎに、会社へ。フロアは、二,三人しか出社していなかった。三時に地下鉄で神保町へ。コミガレをやっていて、人が多い。それから、古書会館でのフリーダム展を見るが、二つとも何も買えなかった。こちらはお客さんが極端に少ない、店の人とお客さんとが同じ人数くらいだった。車中、入江相政【行きゆきて】中公文庫を読む。入江相政【行きゆきて】中公文庫をパラパラめくっていたら、砂土原町とある。会社がある麹町の市ヶ谷駅・線路を挟んで反対側のところに住んでおられたのか。入江相政さんは侍従長だから、もっと違う場所かと思ったが。この章を読むと、本を読む喜びが表れていて、それを子供から孫へと繋がっているのか、何ともうらやましい。

 土曜日の午後、やってくるやいなやとびついて、「三省堂へ行きましょう」ときた。本というものが好きなために、私は一生どれだけの仕合せをしたか。だから二人の子供にそうしてやったように、孫にも全力を挙げてこの喜びを植えつけてやろうとしている。本というもののすばらしさを味わせてやるために、さいわいうちの近くのことでもあるし、神田へつれて行ってやった。ほかの町でのように、たった一軒の本屋ではなしに、行けども行けども本屋ばかりという、あの壮観に接せしめようとした。今からではもう二年ほどにもなろうか。上の女の子がやっと学校へはいったころのこと。それまではとかくデパートへ行きたがったのが、一度神田を味わわせてからというものは、小さいながらにこの町に最高の喜びを感じるようになった。東京堂とか三省堂とか書泉とか、丸屋とか、広々とした店に本がぎっしりつまっているあの景色、あれに喜びを見出すようになってくれた。
 三省堂は本のほかに文房具まであるものだから、このごろではここが一番気に入って、うちへ来るたびに、「三省堂」ということになってくるのである。 ― 略 ―


 「みちくさ市」で武藤さんに『モンガさん、干からびていませんか』と言われてので『年に一度の虫干ししています』と答える。 空パラさんには何回も日影にいくので『大丈夫ですか』と聞かれたので、咄嗟に『不死身ですから』と答える。向井さんと退屈さんが来られて『返送の箱は』と聞かれたので、指を2本出した為に『Vサインですか』と言われてしまった。ナンダカナー。豆子さんの雪見大福の話は……ユカイなり。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-22 20:55 | Comments(0)

視点をどこに

    9月21日(月)敬老の日

昨夜見たETV特集《社長たちの決断 ―生き残りを模索する社長たち― 》は、ちょっと衝撃受けた。日本という国の現状が映し出されていた。老舗という業者がどんどん取り残されていて、立ち行かなくなっている。食品を買う場合の市民の感覚は、良い物を安いが一番だが、安い価格の方だけにどうしてもいってしまう。それは、ほとんどの人が感じている先が見えないという不安だ。どの企業でも給料は上がるという常識は今にはもうないのだ。テレビでは、中小企業がどうやっていったら従業員を一人も解雇せずにやっていけるかというものだった。無駄をどうやって省いていけるかが、大きな問題点、どこかで聞いた課題と同じだ。やまがら文庫さんも書いていたが、会社の昼飯を食べるところでも、飲食店がどんどん閉店していて、残っている店はチェーン店だけになってしまった。課員を見ても、既婚者は弁当を持ってきて、独身者は300円から500円の弁当を買うという人が多い。これは何を表しているか。百年の危機は、何かが変わる百年の出発になるもかも。出版業界はだんだんと先細りしているが、古本屋業界はどうなっていくのかをちょっと考えて過ごした。なんーって、そんなことはないか、ただずぼらな一日を過ごす。。昨日、一日中、陽に当たっていたせいか、まだ顔が火照っている。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-21 22:53 | Comments(0)

「みちくさ市」は、ただただ暑かった。

     9月20日(日)

 先日の小布施の一箱古本市の日も暑かったが、今日も暑かった。今日は、鬼子母神通りの「みちくさ市」でした。うーん、暑い。本部で参加料を払って、所定場所へ。隣りは《ふうらいまつ》さんに挨拶、《ふうらいまつ》さんは、古切手、古札なども販売されていた。会社での知り合いYさんをはじめ、読書サークルの瑠璃さん、むつぞーさん、b.k.ノムラさん、shihoさんなどが来てくれた。今日は通りも賑やかで他の出店さんも好調のようでしたが、当方はさっぱりでした。何か、考え方の根本を変えないといけないことを改めて思いました。缶ビール、アイス、お茶のサービスして頂いた。お客さん、商店街の皆さん、わめぞの皆さんありがとうございました。終って、ドンベイーDさん、Kさんと小布施の慰労会・反省会を何故だか沖縄料理店でおこない、帰ってきました。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-21 00:24 | Comments(0)

-

f0030814_17512340.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-19 17:51 | Comments(0)

-

f0030814_20362659.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-09-18 20:36 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧