モンガの西荻日記

<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

4年間も

      10月29日(木)


 昨夜、遅かったが風呂に浸かった。寝る時間が一時を大幅にこえてしまった。寝覚めもよくない。明け方夢を見る。朝の駅、Tシャツの人がいたり、コートにマフラーを巻いた人がいたりで、気候・陽気がどんなものかわからず。電車、遅い時間の割りにがらがらに空いていて、新宿で座れる。何か得した気分になる。昔、川越の先から通勤していて、30年間勤めたら、大体電車の中にどのくらいいるのか計算したことがあった。2時間くらい掛かっていたから、往復だと4時間も掛かっていた。そうすると、4年くらいは電車の中にいることになる。4年もかと思って、近場に引越ししたように思う。川越の先の団地に住んでいたが、団地近くの病院の先生が都心に住んでいて、行きと帰りが都心に向う人たちと逆で満員電車からゆったりと座っている姿を見て、何事も考えようだなーとうらやましく思ったものだ。つづく
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-30 16:37 | Comments(0)

ギター

        10月28日(水)

 音楽ほど人を魅了するものがあるのかと思う。高校時代、どういうことで夏のキャンプに出かけたのか思い出せないが、鹿児島の阿久根大島というところ出掛けた。7、8人くらいで2泊くらいしたろうか。そのとき、夜薄明かりの中で聞いたギター演奏が初めて生のギター音だった。同級生の一人が、加山雄三のヒット曲をメドレーでギターを弾きながら歌ってくれた。僕は、それを唖然として眺めていた。うわー、スゴイナー、という思いだけだった。高校時代は、音楽と言えば、ビートルズ派とプレスリー派に分かれていて、いろいろと語りあっていたが、そんなことには話題には無縁の高校生活だった。やっぱり、音楽をたしなむ人は10倍くらい人生を豊かにして、楽器を弾ければ100倍くらい楽しくしてくれる気がする。そんな思いを、また感じた一日だった。
 帰り、千駄木<ブ>で時間調整してブーサンゴの茶話会へ。今日は、吉上さんがギタリスト・伊勢昌之のことについてトークして頂く。トークの合間に伊勢昌之のCDを聞きながら、伊勢昌之の人間像、音楽に向う姿勢など語ってくれる。吉上さんは、伊勢昌之の身近にいた人なので、そのソフトな語り口に吸い込まれ・飲み込まれる。純粋な音楽を求めることゆえに起る対人との関わり合いの変遷。その奇行の数々が天才ゆえのことだろう。天才は、常に死と隣り合わせにいるという言葉が印象的だ。トークのあと、吉上さんがギターを弾いてくれた。伊勢昌之の愛弟子、うーん、やっぱりいいなー。吉上さんのギター演奏を聞くのは、ヒナタ屋での中川五郎コンサート、北千住のライブ、今度で3回目である。演奏の余韻を感じながら、やまがら文庫さんと中央線に乗って帰る。伊勢昌之が出てくる、筒井康隆【狂気の沙汰も金次第】新潮文庫を探そう。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-29 12:59 | Comments(0)

「鎌倉にいると頭が悪くなりますね」

        10月27日(火)

 朝から昨日と違って快晴だ。それまでのもやもやしたものを一気に取りさらっていったようだ。通勤途中に家の取り壊しやビルの解体撤去をやっていて、造るのは大変だが取り壊しはあっけなく終る。日本家屋でも造るのに12月間掛かっても、取り壊しに1週間もあれば終る。そこには何もなく、住んでいた人たちの思い出は残るのだろうか。建物が残っていればは、また違った感慨になるだろうが。今日出海【私の人物案内】中公文庫を読んでいたら、「鎌倉の紳士たち」の冒頭にこんなことが出ている。

 川端康成さんが或る時、
「鎌倉にいると頭が悪くなりますね」
 という。元来頭が悪い僕にはどこにいても頭がよくなったためしはなく、これ以上悪くなる気遣いもないので、「そうですかね」と気のない返事をした。氏はそのまま続ける。
「鎌倉は水蒸気が多くて、ひどい湿気です。こんな湿度の高いところにいると頭が悪くなる一方ですよ」
 なるほど、その通りである。雲が低く垂れ、南風の強く吹く日に鎌倉の山に登ってみるといい。町中細かい霧が立ちこめ、雲海の上に出て、遥か下界を俯瞰しているような錯覚に陥ることがある。風が潮を霧吹きのように町中に吹き散らしているのだ。
 押入れのものはたちまち黴びて、始終日にさらす必要がある。蒸し風呂に入っているようなもので、これで鎌倉は果して健康地かどうか疑わしい。


 このあと、当時結核患者が転地保養に来ていたが健康地だったかかどうか、それでも鎌倉文士は酒を飲んで意気揚々で文士とってはよいところだと記している。鎌倉は、海からすぐに急な山並みがあるので、湿気があるのか、そんな思いはつゆとも知らなくて驚いた。夜、忘れずに「みちくさ市」の申し込みをするが、希望先・場所が取れず。出れるだけでよしとしなくちゃ、と思いなおす。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-28 09:51 | Comments(0)

寒さ続きです

       10月26日(月)

 10時半過ぎに会社を出て、東北方面へ出張。雨が烈しく降っている。東京駅、この時間でも乗客が多い。年配者が多いがどこへ行くのだろうか。年配者は元気です。同僚と並んで新幹線の座席に座ったので、会社など話題多し。本を読めなかった。駅からの車の中、外は、行きも帰りも、すごい雨が降り続けている。帰りは、同僚と並んで座って缶ビールを飲んで、業界の話題を。八時前に東京駅へ。駅に着くとザワザワしていて、何か同じ日常に戻ってきた感じだ。熱い風呂に入って、パソコンを少々。これぞ一箱古本市というのを見つける。何が一箱古本市かは、50枚のスライドを見ればわかるが、洒落で作成したのか。






       10月25日(日)

 厚手のシャツで外に出たがちょっと寒い。近くの本屋を廻って、やまがら文庫さんの待つ駅へ。早く着いたので、付近を一回りするが、商店街とは逆の方なのか、すっきりした感じで大型店舗があるだけだ。駅に戻り、やまがら文庫さん、ドンベーブックスさんと合流。やまがら文庫さん宅へ。《高田渡》《情熱大陸》《アド街》のDVDなどを見ながら、もろもろの話しを。《情熱大陸》を見ていると当時は知らなかった人たちが出ていて、今はある程度知っているので、何だかおかしくなってくる妙な気分だ。話しの中で、やまがら文庫さんが19歳のとき、斜陽館の行ったときの話しが興味深い。19歳、私なんか、太宰は遥か向こうの人だったからだ。夕方からフェルトの濃緑帽子を被ったドンベーKさんも合流。ちょっと歩いたところ、イタリアレストランで食事しながら雑談。十時過ぎ、外は寒いです。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-27 10:12 | Comments(0)

散髪

     10月24日(土)

 会社へ。フロアでは4,5人くらいの出社で超閑散。電話も鳴らない。昼時に床屋に行って散髪。QB、土曜日で並んでいないのですぐにやってもらえる。頭の横髪をスキすぎてペッタンっこになる。カガミを見たら縦長の顔になっていた。6時前に会社を出ると、外は雨で肌寒い。まっすぐ帰宅。プロ野球、楽天が負けてしまった。日本シリーズに出て、日本一になったら監督問題がどうなるのか、野次馬的に興味あったが、そうもいかない。楽天、日本ハムのメンバー表を見たら、何人かの名前しか知らない。どこか知らないところの出来事のようだ。それにしても、長島、王に比べて野村監督は元気に写るが。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-26 00:34 | Comments(0)

もう紅葉か

f0030814_9452063.jpg




        10月23日(金)

 社用で月曜日と同じ、東北方面に出張。朝、早いのが難点。案の定、中央線が遅れていたが、どうにか予定していた電車に乗る。ひやひやものだ。金曜日、月曜日と同じ時刻の電車だが、乗客が多い。観光で紅葉でも見に行く人が多いのか。車中、荒川洋治【本を読む前に】新書館を読む。この本、3回くらい読んでいる。読み始めて、何か読んだことがあるなーと。ということは、三冊くらい買ったことになる。荒川さんのトークショーに3回くらい行っているので、読んでいて会話されている気分で読める。不思議な感じだ。割とせっかちな感じだ。この本でも、いろんな作家をあらたに覚えるのが嬉しいことだ。打合せが終って、外に出たら、地面が揺れる、前の駐車場の車も揺れる。地震だ。外で地震を感じるのは久しぶりだ。揺れが大きいのに廻りが開放的な場所なので怖さをまったく感じない。新幹線も地震の影響もなく動いていた。帰りの東京行きは、ガラガラだった。会社に戻って仕事。移動で身体は疲れているのだが、頭だけは高揚していてアンバランスで仕事がはかどらない。ちょっと残業して帰る。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-24 09:45 | Comments(0)

小さな一日が続く

f0030814_19315552.jpg


      10月22日(木)

 10月も、もう20日過ぎたのか、早いなー。《小さな一日が続く。一日は、一枚の紙のようなものである。》これは、荒川洋治【本を読む前に】新書館に出てくる、ある章の書き出しであるが、私なんかが、こんなことを書いても、『うーん』と言われるだけである。日々、いろいろなことが起り、悩み、ため息ばかりが出る。それにしても、10月は日が過ぎるのが早く感じる。日の入りも五時前になって外が暗くなるのも日が早く感じる要素かも知れない。10日の一箱古本市も、遠い出来事のように思えてくる。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-23 19:31 | Comments(0)

いい陽気でした

f0030814_8215877.jpg



          10月21日(水)

 午前中・11時過ぎにから社用で八王子へ。待ち合わせに時間があり、まつおか書店に行ってみる。場所は、すぐわかる。大通りから入ったところに1号店と2号店があった。3号店もあるようだが、ここから少し離れたとこるにあるようだ。店頭と店内を見て廻る。価格はまちまちになっているが、本の状態の差だろうか。目に付いたもの・本はそれなりに高い。文庫本は、出版社別・作家別に並んでいて見やすいが状態に差があるのは古本だから当たり前か。打合せが結構な時間がかかり、そのあとチェーン店のうどん屋で遅い昼食を摂る。会社に戻る電車のなかで、寝てしまった。目が覚めたのが新宿駅だった。大盛りのうどんを食べたせいか。座席に座って、前のめりに寝ていたので変に身体が窮屈になってしまった。行きの電車のなかで、大崎善生【ディスカスの飼い方】幻冬舎を読む。うーん。やはり、大崎作品は【将棋の子】【聖の青春】という将棋関係の方がはるかにいいように思える。家に帰って、古書ほうろうでのカタリココが20時開始だったのを知る。もっと、早い時間からだと思って行かなかったのだが、残念。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-22 08:21 | Comments(0)

みんな景気が悪いからなのか

        10月20日(火)

 いつも、駅を降りて西友な中を通って帰る。衣料品売場の平置台の上に、ジーンズの山が出来ている。今、話題の850円のジーンズだ。これって売れているのだろうかと思う。お客さんが見てるところをあまり見かけないからだ。ドンキホーテでは、ジーンズ、690円が発売されると、850円のジーンズの存在感がなくなってくる。どんどん安値になっていくことをデフレスパイラルというようだが、回りまわって給料も安くなってくるとか、最悪リストラにあうとか。消費者としては、性能が同じなら安いのがいいに決まっているのが一般的だ。こだわりがあれば別の高い方を買う。古本の世界はどうだろうか、と思っていたら、こんな記事を見つけた《古書店が不況に強い理由―古書交換会―》が、これって本当に当っているのか、と考える。システム的にはわかるが、古本業界の中だけにぐるぐる廻っているだけで、その場しのぎのようにも思えてくるが、どうなんだろうか。昼休み、メトロに乗ってヒナタ屋に。席が空いていたので、チキンカレーを食べる。後、本の展示物を見る。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-21 10:40 | Comments(0)

『また、携帯ですか』

         10月19日(月)

 朝早く起きて、東京駅へ。社用で新幹線に乗って、東北方面へ。目的地に着いて、ホームを降りて、改札口の方に歩いていて、携帯がないことに気づく。四分間停まると放送があったので引き返し、電車の中に入って探して見るが分からない。電車の発車時間も気になり、ホームに降りる。改札の後、駅員さんに事情を話すと、第一声が『また、携帯ですか』と言われる。結構、車内に忘れる人が多いようだ。携帯の仕様、色など聞かれる。仙台停まりの電車なので、連絡しておくので帰り寄ればわかると言う。仕事が終って、駅の窓口に行くと、『よかったですね、無事見つかりましたよ』と笑みをこめて話しかけてくれた。届け先などの書類を書いて、一段落。東京へ帰る。朝早いのと携帯のことがあり、電車でウツラウツラしてしまう。今日、恥ずかったことは、書類に携帯の文字が何となく分かるが漢字を書けなかったことだ。会社に戻って、いつもより早めに退社する。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2009-10-20 09:42 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧