モンガの西荻日記

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

一箱古本市が似合う街

f0030814_1095657.jpg


        4月29日(木・祝)

  前夜寝れずに、それでも6時半に目を覚ます。3時過ぎに寝たので3時間程度寝たのか。不忍ブックストリート・一箱古本市の専従スタッフで今日行くので、店主マニュアルなどの資料を読み直す。8時過ぎに出て、千駄木で降りて、団子坂をフラフラして上がり登りきったところを横に曲がり、所定の「千駄木の郷」に着く。9時過ぎで誰の姿も見えない。出店場所の位置を確認する。9箱か、どう配置するか?。細い道が公道なのか、散歩する人、自転車が行き来する。うーん、心配。時間があるので須藤公園辺りを散歩、大きい屋敷・家がこの辺りは多い。「千駄木の郷」に戻ると直ぐに出店される駄々猫さんの相方さんがバイクに荷物も持ってこられる。その後、出店者の北方人さん、orz文庫さんなど到着される。実行委員のKさんが事務所から出て来られたので、スタッフのKGさんと挨拶して打ち合わせ。事務所からテーブル、椅子を運び出して設営。Kさんが事務所側と打ち合わせ済みでスムーズだ。出店者も全部揃ったので、ミーテイング。ジャンケンして場所決め。この場所では、似顔絵コーナーもある。ここは人気があって終日後ろで待つ状態だった。Sさんという人、お客さんと会話しながらリラックスさせて描いていく。11時にオープンする。が、雨がポツリ、ポツリ、空は晴れているが。この場所、建物と建物と挟まれているで風の通り道で、その風が強くて寒い。実行委員のKさんが上着を取りに行かれるほどだ。何回か、書類が飛ばされたりする。雨も大事に至らずよかった。お客さんも順調に来てくれる。来る人は、坂を歩いて登ってくるせいか、今日は暑いと口ぐちに言われるが、この細い道をいったり来っりしているだけのせいか寒い。これは、午後担当スタッフの二人も同じことを言っておられた。グービルバス、福祉施設のマイクロバスが玄関に止まって、ちょっと緊張する。12時半過ぎに、午後からのスタッフさんが見えたので引継ぎ、そして出店者さんに紹介して午前のスタッフ業務を終了する。何事もおこらず一安心だった。終わったので、ここから一箱古本市廻り、直ぐの場所の旧安田邸へ。お客さんは少いようだが出店されていた豆子さんに聞くと団体さんが来るので忙しいとのこと。そう言えば、町廻りの人たちがガイドに付いて20人ほど歩いていた。「千駄木の郷」の前でも止まって説明されていたが、由緒ある家なのだろうか。旧安田邸から坂を下っているとトカゲ書房さんに会ったので挨拶。古書ほうろうでは、何か出店場所が一箱が狭いので一人見ていると見れない状態で頭越しに見て、あと店内を一回りする。店内も一杯の人だ。山崎さん、神原さんに挨拶、あとで二人が独立されると聞き驚いた。古書信天翁か。99ショップでパンと牛乳を買って、ヘビ道を歩く。ワー、スゴイ人波だ。観光客・谷根千廻りの人たちか。人通りが少なったところからパンをほうばかりながら歩く。人の流れに着いて行ったら根津神社に、つつじ祭りでここも賑わっている。ようやく根津教会へ。小栗虫太郎の本を購入。四谷書房さんと黒岩さんが立ち話されていたが挨拶せずに次の場所へ。クラフト芳房へ。二箱か、何かさびしい感じだ。スタッフされていたYさんに挨拶。ここで青秋部のお二人に会う。結婚式のこと連絡していないことを詫びて、改めて出席する旨を伝える。往来堂書店へ、ここも賑わっていた。大通りに面しているところはいい。ここでも頭ごしに眺める。代理で店番していた、ドンベーKさんが出店場所に戻るというので、次のギャラリーKINGYOへ。ここへ行くのに迷うのでよかった。実行委員の音キッチンさんに挨拶。五箱か、覗ける箱は見られるが人気のある箱は見られない。ここが一番の問題点かも、三人くらいで箱に張り付かれたらどうしょうもないのだ。次にCOUZT CAFE 藍い月に行く。とみきち屋さんが出していた。始まって20分くらい雨の影響で出遅れたようだ。それでも2袋買ってくれる人もいたという。みちくさ市などでもそうだが、もうすっかりとみきち屋ブランドが確立されている。出店される本が事前にブログに発表されていて、これも好影響しているのか。ここから、市田邸へ。うーん、遠い、遠いやっと着く。スタッフのたけうま書房さんに挨拶。邸内に入ると動きがとれないほどに人の多さだ。庭では出店者のMさんにちょっこと話。入り口門に戻るとたけうまさんの相方さんが、家の中の蔵を見てきたらというので見に行く。分厚い戸が昔のこの家の状況がわかる。中では、密林さんが占い屋を。『女…』という声を聞いてみたら、相談相手が?でビックリする。急ぎ足でようやく全部を廻ったが、ゆっくり箱を一つずつ見ることが出来なかったのが残念。打ち上げイベントまで時間があるので、お寺廻りを何か所する。谷中に来ても、神社仏閣をゆっくり見たことがないのでよかった。「不思議」に行って、店主さんとアレコレの話を。長時間いたが、『これー、カワイイ』とか聞くが買う人が少ないかと思ったが以外と買う人も多い。昭和の香りのする店が意外と人気では最先端なのかも知れない。ヘビ道を戻って打ち上げイベント会場へ。南陀楼さんとオヨヨ書林さんとの掛け合いで進行する。各賞の発表で担当した「千駄木の郷」から3つも選ばれたのが嬉しかった。いつも受賞しているダブリがなく初出店の箱が選ばれているのがいい。その後、スタッフの打ち上げ飲み会に行き、盛り上がっている中で途中で抜け出して帰る。家に帰り着いて、パソコンを開けて見たら、もう「古本屋ツアー・イン・ジャオアン」のブログで不忍ブックストリート・一箱古本市のことが書いてある。駄々猫舎さんのこともでていたので、メールで知らせてから寝る。もう1時半か、今日は一日が長かった。寝るのが3時間ではつらいナー。
 そうだ、保光敏将さんも今日来られて、個展のチラシを頂いのだ、これは忘れずに行きたい。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-30 10:09 | Comments(2)

お菓子のホームラン王

f0030814_940228.jpg


             4月24日(土)

  駅の南口が賑わっている。何だろうと思って看板を見たら亀屋万年堂の文字が。くだもの屋さんの場所で改修工事でなく、オープン用だったのか。『ナボナはお菓子のホームラン王です』、このフレーズを聞かなかった事がなかったのが、つい最近のような気がする。王選手で有名なコマーシャルだ。巨人にいた国松選手の奥さんの実家が亀屋万年堂だということを聞いたことが。ネットで見ると、その国松さんが亀屋万年堂の社長になっていた。ナボナを食べたくなってきた。ガード下のQBで散髪。QBでは珍しく饒舌な床屋さんが隣りの席で仕事をしている。アイスランドの火山から富士山が爆発したらどうなるかなど、次から次へと会話が進んでいく。聞いているだけなら楽しい。会話のなかに方言の話題が『エー、私と同じ出身なのか』、あまりしゃべる男は少いが。お茶の水へ。古書会館の書窓展。あきつと克書房だけ見る。二日目の午後なので…。ブック・ダイバーの古本市から「路地裏ブックマルシェ」を見る。本当に路地裏だ。出店者の半分くらいが知っている店だ。最近方方の市で出店されている駄々猫さんと、ちょっと会話する。駄々猫さんの店からお香セットを買う。遊びこられていたって市川糂汰堂さんとも。路地だから晴れている分にはよいが、曇ると通る風が冷たい。それでも女性のお客さんが結構来ていた。三省堂、いつも1階を素通りだけだが、今日は4階へ。古本関係の棚が変わっていた。Oさんに家人bの描いた漫画を渡す。オタクファンタージ的な漫画なので喜んでいただけるか。ヒナタ屋でお茶休憩して帰る。昨夜も2時間くらいしか寝てないので、フラフラになって帰り着く。
f0030814_1047388.jpg
お香セット
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-25 09:40 | Comments(2)

-

f0030814_3475293.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-24 03:47 | Comments(0)

このまま気温が

f0030814_9563271.jpg



       4月21日(水)

 晴れ、気温も高く、こんな時にじっとしていたらどうにかなってしまうのでと思って立川の古本市に出かけることにした。どうにか身体の調子は戻った気がする。駅に入って来たのが青海行きだったので、青梅〈ブ〉にも寄ってみた。駅から、ちょっと歩くともう汗がじわっと出て来る程だ。チューリップが美しい。春、この季節が一番いい季節なのだが、気温が一定しない。ここの〈ブ〉はしっかりした値段が付いていて購入感がわかないナー。立川に戻って、古本市へ。店番の方が、今回は買うものがないと言うお客さんが多いと話していたが、本当にそんな感じだ。しっかり値が付いたものはいいものがあるが。二回りしたら、野呂邦暢【失われた兵士たち】を見つける。450-、これは買わねば、函付、帯有、初版、よく一日目で買われなかったものだ。ここからお茶の水へと考えていたが、乗った中央線の電車が新宿止り。荻窪で降りて、いつものコースを廻って帰る。熊本での法要の食事会、前菜、刺身、焼き魚、天麩羅、馬刺し、辛子蓮根、ステーキ、茶碗蒸し、ご飯、漬物、味噌汁、フルーツ、デザート、まだ出たまだ出た気がする。若い人が多いので、和洋食でお願いしたと長姉が言っていた。食べた先から次から次に料理が出てくるので、風味など感じるヒマもなかった。地方は味もそうだが量も評判になるので、こんなに出てくるんだろう。体重が倍ぐらいになるほど食べたので身体が重いのが残っている気がする。不忍ブックストリートの公式ページがリニューアルされている、もうすぐ一箱古本市だ。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-22 09:56 | Comments(0)

法要のために帰省

f0030814_1692422.jpg



       4月17日(土)

 9時前、家人bと羽田へ向う。姉夫婦家族、妹の娘さんと落ちあい、JALの飛行機に乗って熊本へ。飛行機の乗客、満員だ。熊本飛行場は、全国の飛行場が赤字なのに数少ない黒字経営の飛行場だ。新幹線開通がもうすぐでどうなるか。母の四十九日法要のために里帰り。無事着いて、実家に寄って仏壇に手を合わす。姉家族の市内観光に付き合う。市電で熊本城へ。姉の旦那さん、市電に乗って感動していた。内部に宣伝のないのがいいと。西ドイツの型式とか。市電へ何十年ぶりに乗ったナー。市電を降りて、坂道を上がって熊本城へ。両脇の桜が葉桜になっているが、晴れて気持ちがいい。天守閣まで登って、展望台へいってみるが、モヤが掛かって遠くの山並みがおぼろに見える。城からちょっと離れた場所の旧細川刑部邸へも行ってみる。入り口の庭の様子が良かったので庭園を期待したのだが、庭はさほどではなかった。建物内部は、その時代の貴重な感じの造りだ。妹家族と待ち合わせして、三家族で夕食を摂る。子供たちは、年齢が近いので話があい、賑やかだ。市内の繁華街を歩くと全国一に早稲モノを好のむ土地柄・地域なので女性のファッションもカラフルだ。タクシーで宿泊先のホテルへ。タクシーの運転手が話好きで、近くで行われている女子ゴルフなど。前に横峯さくら選手を乗せたが、スッピンで起きたばかりか眠気まなこだったとか。地元の上田桃子選手が二日目まで首位だったが、四位に終わったようだ。ホテルは、飛行場と実家の間にあり、周りは畑ばかりだ。温泉もあり、宿泊客ばかりでなく、温泉だけでも利用できるようだ。露天風呂もある。温泉に入って寝る。




  4月18日(日)

 ホテルのマイクロバスに乗って実家へ。八畳二間に親族三〇人くらい、それでもまだ空いているから田舎造りの特徴か。十一時から四十九日法要。僧侶から、仏壇の中の説明もあった。実家は浄土真宗西本願寺派であるが、親鸞上人くらいしか知らないが、これはいろいろ勉強になった。昨夜泊まったところで、法要の食事会。兄弟五人家族が集まるのは初めてだ。親族がこうして集まり故人を偲ぶのだが、集まるだけでも有り難いことである。十二時から三時まで。三時半過ぎにホテルから飛行場へ。無事、羽田へ。東京は寒い。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-18 16:09 | Comments(0)

グスタフ・マーラーは何ものか

      4月13日(火)

 新宿の公共機関に寄って、北浦和まで。通夜。会場をうる覚えで行ったら、分からず。車を止めて、運搬中の人に聞いたら、よくわからないので300m先に、そんな専門の事務所があるから、そこで聞いてみたらと教えてくれた。その事務所に行って聞くと、いろいろ調べてくれて、ようやく場所がわかった。そこの対応の年配の女性に大変な説教を受けてしまった。こんな大事なことを何だと思っているのかと。もっともなことなので頭を下げるばかりだ。大急ぎで会場に行って、焼香を済ませて、会場のビルを出たところで、これからのYさん夫妻に会って挨拶。うーん、どうしようかと思ったが駅の反対側に古本屋があるようなことを折角なので?。ぐるぐる廻ってみたが分からず、そのまま帰る。Yさん夫妻を待っているべきだったかナー。電車が中野駅通過あたりで、かもめ座の古本市が今日だということ思い出して、阿佐ヶ谷で降りて行ってみる。八時前で、お客さんがいなくてゆっくり見て回る。コーヒーのサービスも。このコーヒーは、やわらかくていい味だナー。ドリップ式だからか。文庫を何冊か購入する。アルマ・マーラー著【グスタフ・マーラー・愛と苦悩の回想】中公文庫も。先日、NHKの番組・「N響アワー」で生誕150年・マーラー特集をやっていて、解説を聞いて、交響曲を聞いたばかりだったのだ。アルマ・マーラーは、大作曲家マーラーの奥さんだった人でかなりの年齢差(20歳以上)で恋おおき女性だったようだ。写真を見るとかなりの美人だ。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-14 15:07 | Comments(0)

微熱が引かない

       4月10日(土)

  昨夜から寝ていない。寝れない状態なのだ。それなら起きていてやれと気持ちだ。開店時間前に西部古書会館に着く。10時過ぎに窓が開いて、待っていた大勢のお客さんがなだれこむ状態だ。その後に続いて入る。ざーっと見るが全体に安めな感じで本の種別も、いつもの古書展と違った感じに写る。それでも悲しいかなどんな本を買っていいのかわからず。家人たちがいないので、朝飯、昼飯兼用をスーパーに寄って帰る。食事して、ベランダに布団干して、横になる。ヒナタ屋、「りつ・つくる」は、『揚げワンタンとミーゴレンの巻』ミーゴレンはインドネシア風ヤキソバだった。揚げワンタンを付けるソースのあま辛いが美味だった。田川さんとかなり長い時間・散歩談議。田川さんは、いつも1万歩ほど歩かれるそうで、そのコースもバライティに富んでいて聞いていても楽しい。散歩、歩くには今の季節が一番いい。さくらは、別格としてもいろいろな花が咲きそろう。今日も駅に向うとするとカップルが急に進路を変えて、住宅の庭を眺めていた。その先にはカラフルな花が咲いていた。そんないい季節なのに、どうも微熱が引かない。






       4月9日(金)

 ヒキコモリも高齢化というニュースが流れていた。ヒキコモリって、痩せている人が多いかと思っていたが、肥満な人が多い。ヒキコモリも親が頼りなんだ。

  



      4月8日(木)

 マニフェストって、会社でも使われているが、マニフェスト通りになったことがあるだろうか。民主党マニフェスト、国民ももっと柔軟に対応した方がいいように思うのだが。どこのメデイアも民主党の支持率が下がることを楽しんでいるようだ。これから、どの政党が政権取っても同じことが続くのか。






      4月7日(水)

 朝早く、と言っても指定時間に公共機関に行き、書類を出して、席で座って待つ。今日の指定の人が大勢いる。年齢もバラバラだが、中高年が多い。スーツ姿は皆無だ。しばらく待って新しい書類をもらって説明を受けて終る。小田急線で町田まで行ってみることにする。この時間、急行もガラガラだ。付近をブラブラする。雨も降って寒い感じだが、熱があるせいか、あまり寒さを感じない。昼飯にと、モスに寄る。サラリーマンが休憩している姿が多い。スロープで滑ってしまって、通りかかった自転車に子供を乗せた奥さんに大丈夫ですかと言われてしまった。恥ずかしい。



      4月6日(火)

 昼過ぎに、医院に寄って薬を頂く。お茶の水へ行って、ヒナタ屋へ。猫用の本、何冊かを並べるために納入する。八割くらいは、展示物が埋まっていた。新宿へ。送別会をやってもらう。ピザ、スパゲッティの店。隣りの席では12人の若い女性が陣取り、キャアキャアと甲高い声で賑やかだ。薄い生地のピザ、少し厚い生地の方が好みだが、こちらが高級なのか。ちょこちょこ、いろんな種類を食べていたら満腹になってしまった。昔からの知合いだから、話も弾み、あっという間に3時間が過ぎていた。




         4月5日(月)

 熱があり、部屋でゆっくりして過ごす。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-13 11:52 | Comments(0)

4月というのに

f0030814_2315493.jpg


      4月4日(日)
  どうも身体の調子が上向かないので、終日部屋で過ごす。買った本を見ていたら、本の中に挟まった葉書を見付けた。軽井沢にいる森田たまから東京の村岡花子宛のようである。消印を見ると31とあるのは、昭和31年のことだろうか。8月6日とかあるから、書中見舞いの挨拶だろうか。達筆で読めないが。パソコンでユーチューブばかり見てしまう。鳩の街も、月の湯にも行けなかった。


f0030814_23452253.jpg




      4月3日(土)

  午前中、近場の本屋廻りしてうろうろするが、身体が調子が悪く、午後から家で過ごす。吉祥寺の駅ビルが改装されて、2階がオープン、スゴイ人並みだった。

  
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-05 23:15 | Comments(2)

新宿、店内が満員だった。

       4月2日(金)

  身体がダルくしょうがない。朝、昼食べて、薬を飲んで横になって寝る。今日は、知人が送別会をやってくれる日だった。ことわりを入れてみるが、折角だからと言われて、新宿まで出て駅で落ち合う。靴下2枚重ねて履き、首にマフラーをグルグル巻いて、コートを着て、完全防御で出かける。店は南口から直ぐのところだった。店内の造りは洋風なのに出て来る料理は和のベーストだった。ホタルイカのぬたなど出てきた。出て来る料理が少なめだったが、最後に出てきた釜飯が大盛りだったのが、よくわからなかったが、これが旨かった。デザートのバニラアイスまで食べたら、もう3時間も過ぎていた。何十年間の思い出が溢れ出してしゃべっていた。もう一軒と誘われたが、今度と言って断ってしまう。駅で別れて帰る。程よい気持ちだ。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-03 09:27 | Comments(0)

四月から風邪なのだ

f0030814_2311267.jpg



        4月1日(木)

  吉祥寺の古本市を覗く。旧伊勢丹へ行く細い道に何点かの店があった。藤井書店、全部、200-均一。各々かなり価格設定が安めだ。田中小実昌の旺文社文庫が何冊かあり、1000-と500-を見ると、どうしても500-の本を買ってしまう。中央線に乗って、四谷へ。土手に上がって、市ケ谷方面に向う。桜が八部咲きか、満開なのか。青いシートを敷いて、宴会係の若者が場所取りしている姿が通りに何組も見る。宴会が終わった組もある。20人くらいで、どうも中途半端だなーと言って別れの挨拶をしていた。まだ、4時すぎだ。皆、スーツ姿だが、どんな会社の人たちか。医院に寄って、診察、その後風邪薬、胃薬をもらう。先生たちとしばらく話す。泉鏡花、藤田元嗣、島崎藤村がこの近くなので、よく見かけたという。吉行淳之介も、この近くですよねとみずを向けると同じ小学校で、2、3こ上のクラスだったとのこと。ここの医院にも来ていたという。吉行淳之介のこと、その他にも現役作家さんのことを聞いた。話を聞いていると、妙なものでエライ作家さんも身近に思えてくる。帰りの車中、梅田みか【書店員の恋】を読む。本屋大賞、国際ブックフェアなど出て来るが鼻水が止まらず、頭に入ってこない。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-04-01 23:01 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧