モンガの西荻日記

<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日記も表現なのか

f0030814_10201563.jpg


              11月28日(日)

  11月もあっという間に終わってしまうのか。青梅街道の銀杏も紅葉しているが、何本かはまだ緑色のままだ。暑い夏から一気に温度が下がって秋の期間の短さに戸惑っているんだろうか。家人たちが海外旅行に出掛けて、家中が静かだ。こういうとき、食事が面倒だ。思い切って、スーパーで食材を買ってきて料理を作ってみる。料理と言っても、ただちょっとしたものだ。うどんを茹でて、レトルトのカレーを掛けて食べたり、冷凍のチャーハンをフライパンに油を敷いて炒めたり、そんな簡単なものだ。「ピリ辛!ビビンバチャーハン」は、これは旨い。こういうのは、味が濃いので誰がやっても失敗なんかしない。後は、卵焼きを作って乗せて、スープがあればいい。1人前だと200円も掛からないのか。ただ困るのは、チャーハンなど2人前だから食べすぎてしまうことだ。半藤一利【永井荷風の昭和】文春文庫を読んでいると、当時起こった大事件も深く関心がなかったようだ。永井荷風が亡くなったとき、半藤一利さんは週刊文春の記者として取材されていて、小さい棺のために荷風の脚は折れんばかりに曲げられたようだ。花一つも、愛用のベレエも、時計も、最後に読んでいた洋書も棺にはたずさえられず、浴衣がさかさまにかぶさられ、三文銭を入れた袋が胸のうえにおかれた。文豪の最後としては、さびしすぎる一瞬であった、と結んで書かれている。当時の事件を荷風の日記に照らし合わせていく作業も大変なことだが、これも誰かがやらないといけないことなのか。朝鮮半島がおかしなことになってきた。北が砲撃で軍人二人、民間人二人が亡くなった。200発で70、80発が陸に。今日、三重でトレーラーと送迎バスが衝突して六人が亡くなった。不謹慎な話だが、防空壕や非常時の訓練があったので意外と少なかったのか。人間の一生は分からないものだ。平和なところでも、それにフィリピンからの出稼ぎ労働者というのが哀れな気がする。こういう時代、荷風は日記になんて書くのだろうか。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-29 10:20 | Comments(0)

[日展]を鑑賞する

f0030814_1543045.jpg



              11月25日(木)

  何を考えていたのか、うっかり中央線に乗る。新宿で乗り換えて代々木で降りる。自然と〈ブ〉に寄る。いがらしみきお【ワタシ いがらしみきおの日記】白泉社、季刊銀花が何冊もあり、その中から、佐藤忠良と串田孫一の特集を購入。いがらしみきおさんのぼのねっとの「ものみな過去にあいて」は、面白い。代々木から目的地の六本木へ。道に迷って遠回りして、後ろから国立新美術館へ到着する。身体は温まるが膝痛し。国立新美術館の廻りも紅葉で写真を撮っている人たち多し。[日展]を鑑賞する。1Fで日本画、2Fで工芸美術、彫刻、3Fで書、そこから1Fに戻って洋画の順で見て廻る。平日であるが、例年よりお客さんが少ないように感じる。中高年と若いカップルが目立つ。各部門では、有名な先生方の作品と受賞作品をじっくりと見る。いつも招待券を頂いている知り合いの作品は頭の中に入れるようにして見る。入口に、作品をハガキ、写真にして販売されているが、いつも売り切れている。例年、日本画に目がいくが、今日は書がいい。書にもいろいろあるがやわらかい線で書かれた作品がいい。書かれた内容が、小説、詩の一節だと止まって読んでしまう。数少い藝術に浸る一日なのだ。乃木坂駅から千代田線で新お茶の水へ。ヒナタ屋へ行って、フェアの本の回収を。手違いがあって延び延びになっていたのだ。店の外に出たら、風が冷たく、リュックが肩にくいこみ重い。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-25 15:04 | Comments(0)

靴が書けないぞ

f0030814_9471866.jpg


               11月23日(火・祝)

  17日、最終日と気がついて雨が降っていたが、青山のOPAギャラリーに行ってきた。どうしてもチラシをもらって気がつくと、その展覧会が終わってしまっていることが多い。「音楽のアイデア」としてイラストが展示してあった。21名の方の曲のイメージが一つ一つ違う雰囲気だ。女性の方が多いせいか、ヤンワリした作品が目立った。Yさんの作品もピアノをモチーフに何匹の鳥がデザインされていた。Yさんと立ち話を、こちら側の話が多くて申し訳ない。

「音楽のアイデア」
1つの楽曲からイメージした絵を21名のイラストレーターが描きます。同じ楽曲から各人がどの様な印象を受け何を描くのか、個々の感性を楽しんでください。
課題曲は【ショパン:ノクターン第2番 変ホ長調 Op.9-2】です。



  みちくさ市で、駄々猫さんに靴下100-と付箋に書いて、と言われたが右辺が出てきたのに左辺の化が出て来ない。ショック。銀行で西荻窪支店というのを書くときに、荻と萩が。ウーン。喪中はがきを書いたのだが、飛という字が不思議な飛になってしまった。PCで打つことで済ませていることが多く、手書きすることがなくなってしまったので余計に漢字が書けなくなってしまった。これは、カレイではないだろうが。
  〈ブ〉で、ラックに、ちくま文庫、殿山泰司3冊、竹中労【琉球共和国】、上林暁・坪内祐三編【禁酒宣言】などが105-であったので購入。以前ほどの感動がなくなったナー。この〈ブ〉では、棚に並ぶ前のラックでしか、好みの本が見つけられなくなった。祝日なのに不思議に残ってくれていた。セドリの方々も休日だったのか。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-24 09:47 | Comments(0)

入口に挨拶、今日も一日よろしくと

f0030814_1444286.jpg


             11月21日(日)

  目白駅を降りて、雑司が谷へ向かう。11時前に着いたら、街が違う雰囲気になっていた。人が多いのだ。後からわかったのだが、先日放映された[アド街ック天国・雑司が谷]の影響も大きいようだ。みちくさ市に「艋舺堂+本を読む人々」として、《「池田ビル左階段下》に出店した。「本を読む人々」で不忍ブックストリートの一箱古本市に出店したが終日雨で大半が売れ残ったので、みちくさ市は制限がゆるいので一緒に出した。それに、駄々猫さんが雑貨類もだ。その駄々猫さんがチラシ配りを終えて、雑貨類を並べてから店にも沢山の人が来てくれた。10円雑貨は人を呼び、100円雑貨は話が弾みます。その影響もあって本も売れ出していく。お客さんの幅が広く、年齢層もあって何を求めているのかが分かるづらい。古本を求めている人も多いが、年齢層の高い人は雑貨類に目が行く、若い人は新古書的なものになってくる。「本を読む人々」の文庫本が箱半分ほど売れた。完売まで、もう少しだ。テーマを決めて出店しようといつも思うのだが、前日近くになってバタバタとして持っていく状況が変わっていない。情けない。途中、雨がパラパラと何回かあって軒下に移動した。紙モノは水分は難敵です。『車が通りますので気をつけてください』という連呼が絶え間無いほどに終日賑わっていました。〈文具展〉、今回も見に行けなかったナー。みちくさ市もプレオープンも含めると10回目で、商店街の人たちやわめぞの人たちの結束力や頑張りで続けられるのか。お世話になりました。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-21 14:44 | Comments(2)

トークを聞きに

11月18日(木)


 【メモ】
  夕方、川本三郎×片山杜秀のトークイベントを聞きに行きました。
  その冒頭、昨日亡くなった黒岩比佐子さんの話がありました。
  片山杜秀さんと黒岩比佐子さんは、読売新聞の書評担当されています。その読書委員会議などのことを。10月19日の会議にも出席されていて、17時から21痔まで長い時間でもしっかりされていた、ということです。これらのことは、片山杜秀さんが読売新聞に黒岩比佐子さんのことを書かれています。小泉今日子(書評委員)さんの舞台を見に行って楽屋を訪れられたことなども。川本三郎さんも黒岩比佐子さんの作品を書評されていて、こんなに資料をまとめられて書かれているのは、読んだら分かると発言されていた。これからというのにと。

  今日のトークは、映画の話が少く、SPレコードのこと、指揮者のこと、演奏者は何歳が、奥泉光【シューマンの指】のことなど。



【古書ほうろうさんからのメモ】
「続々・偏愛談義」備忘録 1 フランツ・リスト好きの猫が出てくる、ロアルド・ダールの短篇の話。BBCのTVドラマ・シリーズが日本でもDVDで入手可能で、川本さん曰く「全作品面白い」。http://bit.ly/c9FTdS ←これですね。『ロアルド・ダール劇場 予期せぬ出来事』

「続々・偏愛談義」備忘録 2 朝比奈隆の話題。お父さんは土木技術者でイギリスのフォース鉄道橋の建築に関わっている(渡邊嘉一)。「フォース橋は、ヒッチコックの『三十九夜』に出てくるんですよ」と笑顔で語る川本さん。その後、片山さんによる「ビジネスマン朝比奈隆」についてのレクチャー。

「続々・偏愛談義」備忘録 3 小山実稚恵にご執心の川本さんが、片山さんに贔屓の女性演奏家を尋ねる一幕。「妻が女性演奏家なので」と苦笑しながら片山さんが挙げたのは、イザベル・ファウスト。「ムターより上ですか?」「上です」。CDのレーベルは、ハルモニア・ムンディ。メモを取る川本さん。

「続々・偏愛談義」備忘録 3(補遺) 片山さんのイザベル・ファウスト賛。「なかでも、アンドレ・ジョリヴェのヴァイオリン協奏曲を弾いたもの。ああいうほとんどの人が演らない曲を取り上げること自体が素晴らしい」(大意)
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-20 09:31 | Comments(0)

黒岩さん、さようなら

             11月17日(水)

  11月17日、寒い雨が降り続けていた。ツイッターで、この記事を見て、込み上げるものと茫然していた自分がいました。黒岩比佐子さんは、不忍ブックストリートの一箱古本市や雑司が谷のみちくさ市などで何度も来られていて何度も見ています。一言二言しかしゃべったことはありませんが。私は、東京古書会館の古書展でも何度か見て、噂に聞いていたので感激したものでした。いつも黒いスーツとパンツ姿で長身でスラッとされた体系でした。その姿で明治時代の雑誌類を眺められているのが忘れることができません。何度も、トークイベントにも行っていきました。ノンフィクション作家というのは、細い資料集めが凄いことを知りました。1冊の本を書くために、一杯の人に会い、かなり物を集めても、試行錯誤ばかりだったようです。思い出のトークは、御茶ノ水図書館で聞らかれたもので、村井弦斎の話でした。あの担々した言葉付きにも強いメッセージが汲み取れました。黒岩さんのブログですい臓がんのステージⅣという書込があったときから、何故か顔を見るのが怖くて、それからのトークイベントには行けませんでした。最後は、つい最近、東京堂でのイベントでしたが行きませんでした。やっぱり行っていた方が良かったのかと今は思っています。悲しいです、本当に悲しいです。
 ご冥府をお祈りいたします。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-18 09:32 | Comments(0)

構造エンジニアリング

        11月13日(土)

  電車、田端で降りる予定だったが、駒込で急遽降りる。田端からのアクセスを覚えてきたが、駒込だと不安だったが、どうにかたどり着く。言われた通りに人通りがない。でも、山手線、北の秘境なり、高台なり、いいところだ。田端に向かって歩いていると、古書店があり、店頭が50-均一、店内の中の文庫本をおそるおそる手に取ってみたら200-が多い。講談社文芸文庫を2冊購入。店頭が50-均一が多くなってきたのか、どこかで20-均一も見たが、どんどん均一も下がっているナー。そして、石英書房さんを覗く。駅に近くいいところだ。そこから、歩くがどう間違ったのか白山の方に。不忍通りに降りて、古書ほうろうに出る。窓越しに見る店主さんがムズカシイ顔だったようなので寄らずに、「不思議」さんに寄る。本の置かれているコーナーが減ってきている。千代田線で新御茶ノ水へ。ヒナタ屋、「りつ、つくる会」で賑わっていた。やまがらさんとフェアのことなど話す。フェア最終日、幹事・やまがらさんにはいろいろ面倒をかけてしまった。フェアでも、一番あおりくった部分があり、申し訳なく思う。久しぶりに長めに歩いて、ビールを飲んだら頭がクラクラして眠たくなってくる。店の人が先日のテレビでも寝るかと思って心配してましよ、と言われてしまった。車中で、高橋英夫【本の引越し】を読む。「Ⅰ引越しつれづれぐさ」は、家の引越しに伴う大量の本の引越しの話だが、家のことも出てくる。父親が、建築・構造のエンジニアリングだったことが、また、日本最初の超高層建築・霞が関ビルの構造を担当した武藤清とも親交があったのか。丹下健三など意匠・デザイン系は表舞台に出てくるが、構造の人が出てこないのがおかしいと思っているのだが。高橋邸、昭和14年完成し、平成14年に解体されている。この細い仕様のことも出てきて、大袈裟だが建築的にもいい本だ。昭和15年三月号『主婦之友』「家を便利に使ふ工夫実験集」に掲載されたとかで、使い方にも工夫がされている。この雑誌をなくしたので、近年、古書目録で見つけて購入されている。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-14 14:35 | Comments(0)

早稲田へ

f0030814_0224412.jpg


              11月12日(金)

   「我らが森繁オヤジを語る」のトークを聞きに早稲田へ。トークが始まる前に、演劇博物館を見学する。時間がないので、《森繁久彌展》でない部分は、さあーっと見て回る。森繁久彌さん宛の書簡が紹介されて展示されていた。加山雄三、加藤登紀子、中村メイコ、竹脇無我など沢山の人が、吉永小百合さんが一番字がヘタな感じに見えて驚いた。まあ、簡単な手紙だからだ。他の人たちのは巻き紙の感じなものに書いているからだ。すごい達筆な人ばかりで、そうしたものを選んで展示されていると思うが。早稲田大学のキャンパスは、銀杏の葉が落ちていて秋の香り、銀杏の匂いが鼻に付く。20人くらいの集団・グループを二つ見た。構内を廻って説明しているのか。ひとつは、女子高校生、もうひとつは、中年の女性のグループだった。女子高校生の方は、銅像の前でキャーと黄色い声があがっていた。エンジのユニフォームを着た若い人が説明していた。学生のボランティアか。 小野記念講堂に移動する。以前、寺山修司関係のイベントに来たところかと思っていたが、奥泉光さんと保坂和志さんのトークを聞いたところだった。座席、関係者の横の前から3列目に座る。ひょっとしたら、有名人でも見れるかと思ってだが、知らない人たちだ。始めに、成底ゆう子さんという歌手がピアノで「知床旅情」を歌った。森繁久彌さんが、晩年に認められて一緒に仕事をしたようだ。「知床旅情」のカバーで歌っている人が50人?かと言っていたが、森繁さんのほかは加藤登紀子さんしか知らない。成底ゆう子さんという人も、今日初めて知った。トークは、最高だった。左とん平さんは、テレビのままの感じでしゃべりがぼそっぼそっとだが面白い。その反面、松山政路さんは真面目な受け答えだった。96歳で亡くなっているが、仕事も遅い年齢までされていたので、晩年のことの話が多かった。風呂に入っても椅子に座っているだけで弟子二人が身体を全部洗い流すのを見て商品のようだとか。ほとんどがお弟子さんがやっていたので足が駄目になるのが早かったとか。起こるときは怒り、泣くときは涙が尋常でなく大粒の涙が流いていたとか。森繁さんの声がよかった。それは、NHK時代のアナウンサーが影響だろうかとか。左とん平さんは、舞台の方では「屋根の上のバイオリン弾き」より「佐渡島他吉の生涯 」の方が森繁久彌さんのよさが出ていたと語っていた。帝国劇場の時は、楽屋大好きなので、舞台が終わって楽屋で酒盛りするのが好きで、守衛さんが館を閉めるまでいて、皆、地下鉄の方に行くが森繁さんは帝国ホテルに泊まっていたので歩いて帰るのだが、その後姿が何とも寂びしそうだった。数々の表に出なかった、聞いたことがないエピソードを聞いたが名優だったことは間違いない。愛情があるから言えることだが。休憩があって、映画「サラリーマン忠臣蔵」を見る。これに、三船敏郎が出ていたのには驚いた。中途半端な終わり方だと思ったら、「続サラリーマン忠臣蔵」があるようだ。都電が走っているから、30年代の東京か。会社の中のエレベータにエレベータガールが専属で付いている。デパート並だが、最初の方はそんなやり方だったのだろうか。映画の中で、今で言うコピーした紙を刷り物と言っていた。 松山英太郎さんのこと。  三木のり平さんのこと。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-13 00:22 | Comments(0)

11月もはやいナー

               11月11日(木)

   13時ころ、にわとり文庫へ。西荻窪でも、こちら方面には来ないが、Aさんが留守番で本も出すというので行ってみることした。店頭の均一に本を配置中だ。にわとり文庫には、何回来たか、店内に入ったの今日で2回目か。Aさんの棚、安めでいい本が結構あった。コンコ堂という名前なのか。数冊、購入。しばらくぶりで会ったが元気そうだった。古本屋開業のことなど、もうちょっと話したかったが。お客さんも、女性客が多い印象、通りがかりの人も覗いていた。NHK『ブラタモリ』が「銀座」なので、ひょっとしたらと思い見ていたら、やっぱり出てきた。銀座・天賞堂のキュービット、作成者が知り合いなので、見てて嬉しい気分になる。日展も忘れずに来週の平日に見に行かなくては。東京では、この人にお世話になりっぱなしだ。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-12 00:35 | Comments(0)

世田谷文学館へ

f0030814_126962.jpg



    11月10日(水)

   昼前に出掛けたのに、行くついでにと古本屋などを廻ってしまったので、世田谷文学館に着いたのが17時過ぎだった。17時30分には受付業務終了と言われて、書籍の展示コーナーを眺めて、図録を購入した。【父からの贈りもの・森鴎外と娘たち展】・展示の閲覧は18時までだったので、二回りすることができた。平日、それも閉店まぎわなので空いているので、ゆったりと見れる。イヤー、鴎外は、子供に対して筆まめがすごいです。教科書も手作りしている。二度目になる奥さんとは18歳も年が離れていて、22歳のとき結婚している。母と嫁の関係は良くなかったようだ。志げさんという鴎外の奥さんがエライ美人です。小説も書いたのか?1冊展示してあった。森茉莉、小堀杏奴、二人の娘さんか。妹・小堀杏奴の方はきっちりした人なのか、鴎外の細い資料が一杯あるようだ。姉・森茉莉の本は、何冊か読んでいるが、鴎外が好きでたまらないと言った感じだ。小堀杏奴、「晩年の父」岩波文庫を読んでいる。こちらも姉同様に可愛がられている。いくつ離れているのか。森茉莉は、50代からエッセイを書き始めたのは室生犀星の勧めがあったのか。小堀杏奴は、木下杢太郎なのか。中勘助とのやり取りも展示してあった。この展覧会を見て、父親が子供に対して愛情が溢れているのを最も感じてしまったのです。館を出たら、昼間と違って寒さが身体にいってくる感じで早々にバスで帰る。神保町から千駄木へと考えていたが。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2010-11-10 12:06 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧