モンガの西荻日記

<   2011年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

-

f0030814_205376.jpg


          3月30日(水)

  彫刻家・佐藤忠良さんが亡くなられたことを知る。知り合いの彫刻家の師匠だったので気になっていた人だったのだ。98歳か。今、杉並アニメーションミュージアムになっているが、以前展示場だったときに[佐藤忠良展]をやっているときに本人を見たことがあった。華奢な身体付で上品な方に写った。杉並区役所の玄関前にも作品があったと思う。それにしても、先日まで世田谷美術館で開催されていた[佐藤忠良展]を見逃してしまったのが残念である。帽子シリーズは好きだナー




f0030814_20113652.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-30 20:05 | Comments(0)

-

f0030814_1915595.jpg


            3月29日(火)

  東京女子大前の[アテスウェイ]へ。東京女子大を携帯でパチリ。ズームができそうだがよく分からないので、撮りたい風景といくぶんと違いを感じる。西荻窪に住み始めたとき、家から吉祥寺、井の頭公園を一回りして帰るのが週末の日課だった。そのとき、東京女子大を通っていた。正門が新しくなったが、門から正面の建物がシンメトリーに整然として、いい空間を呈している。この建物の奥に確か400mのグラウンドがあったはずだ。[アテスウェイ]では、一番奇抜なデザインのケーキを選ぶ。大変、お世話になっている人の誕生日プレゼント用のバースデーケーキ。ケーキファクトリーが売場から見えて、若い人たち・職人の眼差しが真剣に見える。夜、忘れていてチャリティーサッカーの後半しか見れなかった。げーむ、親善という形だが本気モードに写るが、ちょっと何かがおかしい。テレビ放映が、ただ上から追っているだけだから迫力が十分に伝わらない。予算の都合でカメラの台数でも削っているのか。こんなことなら他局でやってもらいたかった。折角の試合が、選手が豆粒のようにしか写ってない。自粛放映なのか、サッカーに対する思いが局によって違う感じがする。今日、駅前の六童子像にしか見ていなかったが、二つ目を発見する。縁結び童子。


f0030814_10494946.jpg


  
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-29 19:15 | Comments(0)

-

f0030814_17393121.jpg


        3月28日(月)

  荻窪まで散歩。〈ブ〉に寄るが何も見つからない。〈6次元〉に行くが休み、後で調べると、月、火、水が定休日だった。15:00からばかりが頭にあった。ツイッターでよく見かける古本募金のことが出ていて気になっていたのだが。前の店〈ひなぎく〉のときに何回か行ったことがあり、期待したのだが残念。帰り、今まで歩いたことがない路地を歩く。小さい公園には子供たちが見なかったが、大きな目の公園には何組の子供たちが遊んでいた。〈ブ〉も賑わって見えたのは子供たちが多いせいか。いくつもの花々が咲いていて歩いているのも楽しい。善福寺川に。川に沿って歩いて帰る。夕日が眩しいのがなんだか恨めしい気分だ。放射能予防では換気扇は回すなとか、今まで逆なことで、ふと明日、太陽が上がるのかと思ってみる。内田百聞【第一阿房列車】を何回かトライしていたが、ようやく今回は、123頁まで読む。先生の目線と一般の目線の同じところは風景とか、乗車賃とかだけだろうか。大曲駒村【東京灰燼記―関東大震火災】を音羽で購入。マグニチュード7.9とある。大曲駒村は、大正11年に安田銀行浅草支店長と赴任してきて(娘さんのあとがき)、翌年、大正12年九月1日に関東大震災に遭っている。震災の様子を震災後1か月で出版したようだ。銀行を辞めた後は、句、川柳の研究などに書籍があるようだ。その大曲駒村の出身地が現在の南相馬市小高区というから、今回の震災の因縁を感じる。ネットによると、そこに埴谷島尾記念文学資料館がある。


f0030814_12482536.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-28 17:39 | Comments(0)

-

f0030814_17251163.jpg



      3月27日(日)

 中央線から東西線乗り入れの電車、飯田橋で有楽町線に乗り換えて月島へ。飯田橋で降りたとき、お客さんがホームに見当たらず薄暗い。別世界に来たようだ。節電のせいか、ところが有楽町線のホームは人も多く明るい。照明・灯りで随分雰囲気が違って見える。月島は、昔、よく仕事関係で来たところだ。でも、反対側で、こちらには来ていなかった。珍しく迷わず、会場に着く。うがいをして、ここがそういう施設だと知る。8Fのイベント会場へ。窓が大きく開放感がある部屋だ。トークイベント「古本屋、はじめちゃいました」がナンダロウさんの司会で始まる。四店・四人とも何となく知っているが、詳細がいろいろ聞けてよかった。古本屋を始める動機も違うが本好きなところでは一緒のようだ。石英書房さんは別として、古書信天翁の山崎さん、ジャングルブックの健さんと役者すぎて、古書赤いドリルさんがまともに見える。客席も最前列に岡崎さんは別格だが、五つ葉文庫さん、つん堂さん、駄々猫さん、みちくさ市常連Sさんなど古本界では今はときめく人たちばかりだ。古本屋を始めるのは勢いなのか。サラリーマン生活だけだと定期的に給与が入ってくるが、商売だと食うだけで精一杯なんだろうか。イベントが終って、1階の古本売場を見てまわる。いい本が値段も安いが、財布に金がない。後でやまがらさんに「ふるほん日和」の売上をもらっていたことに気づく、お粗末すぎる。退屈さんに、『こんどはモンガさんですね』と言われて、『始めるまえに挫折しましたというイベントを』などへんてこな受け答えをしてしまう。朝一番に会った時も、向井さんに『モンガさん、久しぶりですね』と言われ、『小心もので』と返してしまうのが情けない。知っている人たちに会えるのは嬉しい。イベントを立ち上げてくれた幹事さんたちに感謝するのだ。初回であり、こういう時期なので大変だっただろう。月島・佃は、昔ながらの長屋が存在し、高層ビルがあり、東京そのものだ。


つん堂@tundowの日記
 トークの内容が詳しく書かれています。

石英書房さんのブログ
 アチャー、写真に写っている。どこに。


 



f0030814_327158.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-27 17:25 | Comments(0)

-

f0030814_17573276.jpg



   静まるというなれば、皆で手を合わせて願うが

   どこか、吸い込まれて入って大歓迎というところがあれば、
   巨大な扇風機で送り込めようが、

   人間が造ったものに絶対でないのだ

   想定外、想定外、

   想定外に天災はないのだ

   いや、これは人災だ

   人は何かを求めて、何かを失う

   放射能の混じった空は無性に悲しすぎる、

   悲し死すぎる。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-23 17:57 | Comments(0)

-

f0030814_1941164.jpg


        3月22日(火)
  小雨が降っていて、空の色が気持ち悪い。放射能が混じっているんだろうか。期限なので、不忍BS一箱古本市の参加費の振込みに銀行へ。ATMに意外と並んでいる。スーパーに寄ると、牛乳、カップ麺の棚がひとつも商品がないが、他は、前と同じ状態に近いようだ。小島政二郎【ペケさらんぱん】を読んでいると、菊池米、熊本の菊池米のことが出てくる。戦前もその前に、熊本に講演会に行ったとき、そこの宿屋で食べた菊池米が美味しかったと書かれていて、戦後久しぶりに食べたが、それほどでなかったと続いて書かれている。子供の頃、菊池米が美味いというのを聞いたことがあるような気がして調べて見たら、江戸時代、菊池米は播州米・備州米とともに最高級の品質とされ大坂堂島の米相場を決定する際の基準とされていた。「七城のこめ」が全国の名産米を集める料理新聞社「クックメール」主催の米の食味会において1996年、1998年と2度に渡り全国1位に輝いている。菊池というところは、水が豊富な穀倉地帯だ。米というと、新潟、宮城、山形、秋田などが名産地であり、いずれも寒い地方だ。美味い米の変遷はよくわからない。話は違うが、何十年前かに『酒の元は熊本なんですよ』と言われたことがある。そのことが頭に残っていたので調べると、『熊本酵母・協会9号酵母』で、これが全国の吟醸酒造りに使われていると記してある。このことを、あの酒飲み人は云っていたのか、今頃になってわかった。本の話に戻ると、小島政二郎は読み易いが、それだけに頭に残るのも少しだけだ。それでも、読んでいるときは実に楽しい。芥川、菊池寛、久米正雄が出たり、各地の名産品や芸能人のことも出てくる。芸能人では、長山藍子さんが特別なようである。最後にも出てくる久保田万太郎のことが気にかかるのか。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-22 19:04 | Comments(0)

-

f0030814_0104452.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-22 00:10 | Comments(0)

お汁粉

f0030814_0182627.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-21 00:18 | Comments(0)

3月19日という日

f0030814_21413070.jpg


         3月19日(土)

  昼間、医院に薬をもらいに行く。いつも2,3人しかいないのだが、今日は8,9人で新しく来たという人が多い。連休前というよりも地震の心理的影響もあるのか。家に戻って、軽い睡眠薬を飲むが寝れないが、ウトウトとする。ハッとして携帯の時間を見たら、4時半、顔を水で洗い着替えをして外に出る。階下の青梅街道を見たら、車がほとんど走っていない。(写真)歩いて、駅近くのビリヤード山崎へ。この路地は、初めて来るような気がする。その横横は頻繁利用しているが。西荻窪に住んで十年ほどだが知らないところがまだまだ多い。ここで[西荻ブックマーク]の《「『古本屋ツアー・イン・ジャパン』がやって来る!」》というトークイベントが行なわれるのだ。1階のビリヤード場から2階の会場へ。もう、参加者で大勢詰めかけている。受付で駄々猫さんで会って一緒に空いている最前席の隅に座る。音羽館の広瀬さんの参加費の一部が震災義援金にあてるということが発表されてトークイベントが始まる。いよいよ「『古本屋ツアー・イン・ジャパン』の筆者が登場されて、盛大な拍手が起きる。私は、2回ほど会っているというより見ている。1度目は、不忍ブックストリート・一箱古本市のプレゼンターされたとき、顔を出されなかったが会場の後ろに、その姿を見た。もう一度は、偶然電車のなかで見た。トークは、岡崎さんの軽妙なユーモアで「『古本屋ツアー・イン・ジャパン』の謎のひとつひとつが解き明かされていく。『古本屋ツアー・イン・ジャパン』の小山さんの生い立ちや古本への関心・付き合いなどで進む。


f0030814_125752.jpg


f0030814_1253074.jpg


  『古本屋ツアー・イン・ジャパン』を始めるきっかけなど。
 小山さんが作られたチラシに、ブログ用の七つ道具が。(もっと多いか)
 古書店の情報誌、都内の移動の自転車、地図、古書店の調査用方眼入りのメモ用紙、カメラ、栄養補給用のキャラメルなど。


f0030814_1254857.jpg


  店を出た後で描かれる棚の構成図。

  休憩を挟んで、後半はスクリーンで良かった店・10店、ユニークな店・10店が写り出され、小山さんが解説されていく。ユニークな店で木更津インターチェンジ近くの市場内の店が登場する。ここは、仕事で東京・八重洲から木更津インターチェンジの出て直ぐのここで降りて千葉支店の人の車で打ち合わせ場所に行っていたところだ。行く前に、ここの食堂で有名な穴子定食を食べるのが通常だった。(『木更津キャッツアイ』で、ここが有名になったのか)この市場の廻りはなんにもない。そして、一番最後に映し出されたのが、先日行った曳舟の古本屋だ。そのときに案内して頂いた人・ご夫妻、それを小山さんに紹介されたようだ。そのご夫妻が会場にも来られていて、挨拶した。
  後半、最後近くに地震が来て、揺れる。この建物は木造でおおスパンの割には頑丈な造りだ。築40年?、今の建物はいかに安くなるように柱が細く設計されている。やはり、昔の造りは丈夫なのか。
  トークの途中、ときどき歓声が上がるのがなになのかと思っていたら、1階のビリヤードをやっていた人たちのものだった。何か、不思議な空間、不思議な時間だ。



  『古本屋ツアー・イン・ジャパン』  作日、3月19日・13:54には[あおよこ一箱古本市]のことが書かれていた。
http://blogs.dion.ne.jp/tokusan/

  OKATAKEの日記
  *奇跡のこけしの話が!
  つん堂@tundowの日記
  つん堂@tundowの日記 
 *顔が出ているぞ!
 *詳細なレポートが!
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-19 21:41 | Comments(2)

山は崩れる

f0030814_0565595.jpg


 3/12メモ
   昨日の地震発生時、PCの前にいました。ゆっくり横揺れ、それが大きく揺れる感じでした。大丈夫と思うのだが、怖さがありました。台所に行って戸棚を抑えるが上の花瓶などが落ちる。少し収まったので、自室に行くと本の山が崩れてぐちゃぐちゃになっていた。寝ていたら身体がどうかになってしまっていたのかと思うとぞおーっとする。寝ている布団の横に本を山積みにしているから。家族が帰ってきて、部屋を見たら、60cmくらいの棚に乗っているテレビ(昔の肉厚のもの)が1mも飛んで落ちていた。これにはびっくりした。重量があるのが揺れ、ゆれ戻しが大きいようだ。夜、マンションの前の青梅街道も車が渋滞で動かない。電車が動いていないので、歩道は会社帰りの人たちが歩いて帰っている。地震が絶えず起こっていて、何か常に身体が揺れている感じだ。長野、新潟でも地震が起きていて、何か不気味だ。東北地方の津波の被害がスゴイ。防波堤を最低でも30m位をめぐらさないとどうにもならないように感じる。建物も杭を支持地盤まで打っているのは大丈夫だが、木造建物は津波では浮いてしまって流されている。地震のメカニズムは分かっているのなら何とかならないものか。プレートとプレートの間に潤滑油・薬液注入など流し込めないものなのか。いつまで地震が続くのだろうか。皆さんの無事を祈るばかりだ。


 3/17メモ
  午後、テレビばかり見ていると気が滅入ってくるので、外に出かけた。
 陽は当たっているが風が冷たい。郵便局で振込み、人は少ない。
 古本屋、人が普通にいるから不思議だ。ちょっと土曜日のイベントの
 ことを話す。ここも節電中だ。
 駅の西友へ。東北の震災地を除いて、何故か、ここだけがシャッターが
 降りていて、今日から営業のようだ。節電中でうす暗い。
 お客さんは少ない。午前中は、多かったのか。
 パン、牛乳、冷凍食品の棚は何もない。惣菜、298円の弁当は
 一杯並んでいる。カップ麺は、一人5個という張り紙があるが、
 カップ麺は一つも見当たらない。レジには一組だけ並んでいる程度。
 西友の売場に対面している、ちよだ鮨には満杯に寿司がある。
 のど飴、ビスケット類など購入。
 銀行で行員さんと会う。携帯に連絡が来たので。ATMが動かない
 というが、この大銀行は大丈夫なのかとからかってみる。
 こんな時期に金融商品を勧められる。なんでだ。地震後、銀行で
 寝袋で寝たと云っていたが、どこの会社でも当番でいるのでは
 ないかと云ってみる。一時間も話してしまった。
 駅前のパンのチェーン店、商品がいつもの通りにある。
 いろんな種類があって困るが、10個ほど買う。お客さんは
 少ない。外は少なめだが人はいつもの通りに往来している。

 3/18メモ
 地震で、トイレの配管のネジが緩んだのか、水がこぼれていたが、ようやくメンテナンス業者が来てくれて直してくれた。地震の影響は、東京でもいたるところに出ているようだ。街を歩けば、建物の角角に傷みが見られる。諸用で飯田橋まで行くが地下鉄の九段下の方が近いのだが、地下鉄には乗れない。駅のエスカレーターは節電のために動いていない。ただ、階段が付いてなく、エスカレーターの上り下りが付いているのは動いている。エスカレーター設置のときに、こういう節電を考えていたのだろうか。東京スカイツリーが634mに達しったが、地震には大丈夫なのだろうか、構造上十分な安全率で計算されている思うが、こういう建造物は半永久的に残るものだから、廻りに住んでいる人たちは孫・子孫まで心配するようになるのでは。解体するときのことも考えて設計されているのだろうか。何か、心配症だけなのか。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2011-03-19 00:56 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧