モンガの西荻日記

<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ほのぼの

f0030814_22482845.jpg


             1月31日(火)

  銀行に寄る。月末なので混んでいる。用事済ませて、ガード下を歩いてダイソーへ。ここへの距離が長くて、探しているものが無い時、ガックリとしてしまうが、今日は並んでいた。シール剥がし用に5本買う。ここから荻窪駅までが遠く感じる。いつも通っていないから余計にそんな気持ちになってしまうのか。ちょっと(ブ)を眺めて、メトロで赤坂見附乗り換えで京橋へ。掲示されていた地図を見て地上に上がったら直ぐにフィルムセンターがあった。フィルムセンターには初めて来た。時間があるので7Fで[日本の映画ポスター芸術]展を見る。[日本映画の歴史]展と一緒になっている。時代と共に急速に映画技術が向上していく様がわかる。[日本の映画ポスター芸術]展の実物のポスターがいい、眺めてうっとりするものが何点もあった。チケットを買う時、『見る価値はありますか』と聞いたのが恥ずかしい。先日亡くなった石岡瑛子さんのものもあった。1階に降りて、並んで開場時間を待つ。ほとんどが老人ばかりだ。開演時間が迫って来る頃には、満席になる。横に座ったベレー帽をかぶった芸術家風な人が『清水宏って、こんなに人気があるのか』と言っていた。何かに書いてあったが「とほほな貧乏物語をほのぼの描く」、まったくその通りの映画『もぐら横丁』だった。映画、そのものより、こんな時代・時期もあったのが描かれているのがいい。ユーモア的に撮っているんだろうが。芥川賞が決まったとき、嫁さんが指を咥えて泣くシーンがあるが、こんな仕草を初めて見た。マイクの前で歌をシーンでえらく歌がうまいと思っていたら、島崎雪子さんってシャンソン歌手でもあったのか。作家30歳、妻19歳か、そんな感じくもないが、妻が明るいのがいいねー。檀一雄、林芙美子か。帰り、声を掛けてくれる人がいた。Yさんだった。映画の余韻のまま二人でお茶する。Yさんは、映画の前に新宿区歴史博物館で『平塚運一と落合の版画家』展を見てきたのだと言う。[ 落合文士村]と言うのがあったのか。時期がどうか分からないが映画と繋がらないのか。楽しいお茶だった。帰り、銀座を歩いてメトロで帰る。



ナンダロウアヤシゲな日々:《もぐら横丁》の幸福
http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20120129





f0030814_2249124.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-31 22:49 | Comments(0)

-

f0030814_23494687.jpg


  1月30日(月)

  11時頃でも、バルコニーから富士山が見える。朝早くなら、もっとはっきり見える。寒さ・乾燥とが関係あるのでしょうか。月末ころまでと言われていたことを思い出して、ダンボール箱に本を詰めて宅配便に出す。女川町、当然震災にあって図書館もダメになった。全国に一斉に本を送ってもらうと、その整理に大変がなると言うので個人的に送ってほしいということらしいので、SNSの読書サークルの依頼人宛で送ったのだ。新しくキレイなものというので新刊に近いものを集めたが揃わづ、文庫などいろんなもの入れてしまった。古本なら直ぐに箱一杯になるが、ここでは使いものにならないようだ。新潮社『波』が送られてきて封を開けて目次を見ると、コロッケの文字が見えて、こんなところでは珍しいので読んでみる。コロッケ【「人生は、この五つの言葉―コロッケ『母さんの「あおいくま」』】、母親が離婚して貧乏になっても明るく過ごせた。それが「あおいくま」、母の教えなのだ。

  あせるな
  おこるな
  いばるな
  くさるな
  まけるな

  母はいつも言っていました。
  「人生は、この五つの言葉たい」


 『波』、江上剛×清武英利(元読売巨人軍球団代表)の「人を育て、活かす組織とは」が今言われている会社のありようが分かる対談だ。過去の栄光が大きいほど現況の会社組織は疲弊してしまっていて、それを活況にするにはどうすればいいのか。会社、プロ野球もそうなのか。中国の野球がアメリカの野球だというのが興味深い。津村節子【時のなごり―ゆかりの街―】の中で吉村昭「戦艦武蔵」のことが取り上げられている。「戦艦武蔵」の冒頭に棕櫚のことが書いてあったかと思うと懐かしなってくる。


 戦艦武蔵の建造:棕櫚が運ばれた道
http://japan.road.jp/History/Nagasaki-R202.htm
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-30 23:49 | Comments(0)

-

f0030814_2174952.jpg


               1月29日(日)

  玄関を出て途端に風が顔に吹きつける。その寒さといったら、痛い感じがするくらいだ。『上野・めぐり』での[めぐり・ふるほん市]が今日で終わりなので搬出に行く。電車、荻窪で乗り換え、ラクラクと座れる。欧米人のオジサンが鼻をほじっている。何か、それが不思議に映る。日本人なら何とも思わないが。カップルが顔を見合わせて喋っていて、外側の手にクレープがこちらの顔の前に、食べてやろうかとちょっとだけ思った。『上野・めぐり』に着いて、しばらくしたら出店者の人たちが集まってきて、楽しいお茶・コーヒータイムを過ごした。でも、やっぱり衝撃的なことを聞いたのが残念。最後、リコシェさんに買ってもらってやっとオウ代に乗った。36冊、平均282-。まあ、こんなものか。寒い、寒い、それでも地球は温暖化何だろうか。帰って、忘れていて『日曜美術館・木村伊兵衛』を7,8分しか見れなかった。これ、もう放映しないんだろうナー。『松涛美術館』での「渋谷ユートピア1900-1945 -帝都をのぞみ、武蔵野に棲む―」に富永太郎の何かが展示されていたのだが忘れていて見に行けなかった。対策を考えないといけないナー。『何事も早め早めが丁度良い』と、会社でよく言っていた人がいたナー。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-29 21:07 | Comments(0)

カーネーション

f0030814_23592937.jpg


             1月28日(土)

  NHK朝ドラ「カーネーション」・(隠しきれない恋)は、どうもいけません。不倫は、いけません。相手の子どもが出ていましたが、そうなんだよ。今週は、まともに見れなかったような気がする。ラサール石井さんの登場も。積み込み過ぎた感じがした。今日は、室生犀星【火の魚】を古本屋さんの店頭で購入した。2,3年前にNHK広島で作られたドラマ[火の魚]を思い出されます。老作家と女性編集者との葛藤・格闘が描かれています。脚本家・渡辺あやさんのメッセージを読むと、当然[火の魚]のことですが、それが「カーネーション」でも同じように感じてしまいます。『闇をも照らすまぶしい刹那(せつな)を、この「試合」に見つけていただけたら、こんなにうれしいことはありません。』NHK朝ドラ「カーネーション」、来週からは、……、楽しみにしょう。金曜日、コンコ堂の店頭の棚を見ていたら、『モンガさーん』と振り向くと自転車に乗った古ツアさんのにこやかな顔がありました。吉祥寺から阿佐ヶ谷まで歩きましたが、こういう知った人に会って声を掛けられると寒い寒い中なので嬉しいかったですね。


http://monganao.exblog.jp/13096409/
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-28 23:59 | Comments(0)

中西悟堂と善福寺池

f0030814_20463620.jpg



               1月27日(金)

  テニスのベスト8に入った錦織選手の全豪オープンでの活躍が話題になっている。深夜、録画で準々決勝の試合を見たが、直ぐにこれは勝つには相手のミスでしか勝てないのではと思ってしまった。それは、対戦相手のマレー選手が錦織選手のセカンドサーブのときに、かなり極端に前で構えているからだ。団地に住んでいたとき中年から始めたテニスだが、試合になると相手が弱いサーブがわかれば前でポジションで構えて強いボールを打ち返してポイントをとる。それと同じで、これではなかなか試合を有利に運べないのだ。錦織選手、攻撃重視からラリーで粘って勝つテニスに変えたと言われているが、頂点を目指すには、その両方が必要になるように感じた。以前だと、男子ではサーブダッシュアンドボレーが多かったが、それが今の上位選手には少なくなった。音羽で「日本古書通信」をサービスで頂いた。これを見ていたら、先日、トークのおり質問されたNさんの記事が出ていた。質問内容は、東京女子大の建設の絵葉書のことだが、その絵葉書が「日本古書通信」に載っていたのだ。記事は、中西悟堂のことで、それが善福寺周辺のことが書いてあった。日本野鳥の会が善福寺が発祥の地なのか。この記事で、こちどりさんの旦那さんのTさんの名前も出ていた。ブログでは活躍のようだが、ここしばらく会っていないナー。杉並区郷土博物館での「野鳥の父・中西悟堂と善福寺池~野鳥保護に捧げた生涯~」を見に行かなくては、と思う。


谷口高司:タマシギ♂のいきいき日記
http://blog.livedoor.jp/tanipan/

東京女子大学東西寮建築中の絵葉書
f0030814_12492756.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-27 20:46 | Comments(0)

女性とは

f0030814_0395026.jpg


              1月26日(木)

  芥川也寸志【音楽の遊園地】旺文社文庫の中のカットを長新太が描いているので、パラパラと捲って眺めていたら、「女性にはなぜ大音楽家が生まれないのか」というのが気になって読んでみた。そこで、女性とは何かと最初に有名人の言葉を紹介してある。

・トルストイ⇒「すべて女は、男よりもずっと物質的なものです」【両性関係の考察】
・オスカー・ワイルド⇒「女の一生は感情という曲線に沿って回転しますが、男の一生は知性という直線の上を進行するものです」【理想の夫】
・スタンダール⇒「女に生まれた天才は、人類の幸福のために役に立たずに滅びてしまう」
・ソフィクレス⇒「女性は見るべきものにして、聞くものにあらず」
・シェイクスピア⇒「弱き者よ、汝の名は女」【ハムレット】
・ボードレール⇒「女は魂を肉体から切り離すすべを知らない。女は動物とおなじく、単一を旨とする」【赤裸の心】
・ショーペンハウアー⇒「男同士は、本来おたがいに公平なものであるが、女同士は、生まれながらにしてたがいに仇敵の仲である」
・レッシング⇒「若い婦人が思索する時の顔は、青年が赤面しているのによく似てます」
・トルストイ⇒「女というものは、炉端から立ちあがるにも、七十七回も考える」【闇の力】
・シラー⇒「男たちは証拠にしたがって判断する。女性は情にしたがって判断する」【女性の判断】
・ツルゲーネフ⇒「女性というものは、どんな頭脳明晰な女でも、判断力の不足に悩むものですよ」【春の水】
・レールモントフ⇒「普通の論理―このひとは私を愛している。だが私には良人がある。したがって、彼を愛してはならない。女性の論理―私には良人があるから彼を愛してはならない。しかしこのひとは私を愛している。したがって……」【現代の英雄】
・オットー・ライクスナー⇒「学問のある女性は、たいてい商品を全部ショーウィンドーに並べて、店の方をからっぽにしておく商人に似ている」【覚書入れの箱】
・モーリァック⇒「多くの女性は、教養があるというよりも、教養によって汚されている場合の方が多い」【娘の教育】
・ワイルド⇒「女性は理解しようなどとしてはならぬ。もし女性の言うことの真の意味を知ろうとするなら、聞いてはいけない。その女を見つめることだ」
・サマセット・モーム⇒「女の三つの義務。第一は美しくあること。第二はよい身装りをすること。第三は逆らわないこと」【作家の手帳】
・ヴィクトル・ユーゴー⇒「世に愛すべき女性はおおぜいいる。だが完全な女性は一人もいない」
・モーパッサン⇒「女性の感覚は、だいたいにおいてまったく原始的な牝の感覚です。完成とは縁が遠いのです」【男ごころ】
・ラ・ロシュフコー⇒「ほとんどあらゆる女性の才知は、理性よりも狂気を強くすることに役立つ」【箴言と考察】
・オスカー・ブルーメンタール⇒「女性は詩を作るべきではない。詩になろうと試みるべきだ」【嘲笑者の腰掛】
・ニーチェ⇒「女性のうちには、あまりにも長く奴隷と専制者とがひそんでいた。それ故に、女性はいまだに、友情の能力を欠いている。女性はただ、愛情を知っているだけだ」【ツァラトゥーストラ】
女性代表
・ジョージ・エリオット⇒「わたしは女性がおろかなものであることを否定はしませんが、全能の神は、男性につりあうように、女性を創られたのです」


  男女の差は、肉体的、生理的条件よりも時代的、民族的の方が……。

  また思い出したように、栄養補助食品なるものをとってみる。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-27 00:39 | Comments(0)

銀座

f0030814_2343317.jpg



         1月25日(水)

  歩いて、荻窪へ。そこからメトロ・丸ノ内線で銀座へ。地下通路を歩いて歩いて松屋の入り口に着く。8階の『銀座 古書の市』の会場へ。見ていて直ぐにSさんに遭遇し、漫画の棚でいろいろな講釈を聞く。こいうのが楽しい時間だ。Sさん、今は漫画萌えのようだ。川上澄生の図録、画が30枚入っていたのを1冊だけ購入する。この市、本だけでなく、絵、掛け軸、絵葉書、写真、その他もろもろが見れて、それだけでも楽しい。松屋から歩いて新橋のパナソニック汐留ミュージアムまで。途中、何台もバスが停まっていて、中国人の姿を街中のあちこちで見る。家族連れが多い。子供もいて、学校は休みなんだろうか。後で知ったのだが春節で、そのツアーで来たのだろうか。どの家族もキャノンやニコンのカメラを首から下げていて、建物の前でシャッターを押していた。ブティックからいくつもの大きな袋を下げて出て来たカップルなんかもいる。スゴイ購買力だ。パナソニック汐留ミュージアム「今和次郎 採集講義 展」を見る。建築の関係の仕事をしていたので、よく民家、日本の民家としてよく目にする人なのだ。生活学・考現学の細かいデーター取りの妙が面白いが忍耐的な仕事なのか。会場の休憩所でビデオを見ると、今見たことが集約されている。このビデオを見てから展示を見ると、また一段と分かりやすいのか、と思ってしまう。図録、迷ったが購入しなかった。他で見る図録より値段の割に粗雑な作りの感じがする。監修、有名な人3人が出ていたがチェックしたのだろうか。横のビル、旧新橋停車場「鉄道歴史展示室」『現代絵画の展望 24の時の瞳 (前期:あの頃・後期:この頃)』も見る。横尾忠則のY路地の絵があって、これだけ長めに見てしまう。新橋から東京駅まで歩く。以前、日曜日、飯田橋のギンレイで映画を見て、そこから北の丸公園、江戸城跡の公園、日比谷、新橋、引き返して銀座、京橋、東京駅まで歩いていたのを思い出した。西荻窪に帰って、中央沿線の会という飲み会まで時間あったので会場近くの盛林堂で過ごす。会は楽しい会だったが、ビール、焼酎、日本酒を飲んで、会が終わって家に歩いて着くまで十数分だが、倍以上に掛かってしまった。飲めないたちなのに、日本酒をおちょこ5杯がいけなかった。






『メモ』
 松屋『銀座 古書の市』⇒パナソニック汐留ミュージアム「今和次郎 採集講義 展」⇒旧新橋停車場「鉄道歴史展示室」『現代絵画の展望 24の時の瞳 (前期:あの頃・後期:この頃)』横尾忠則:出品⇒中央沿線の会





f0030814_2362479.jpg

f0030814_23422595.jpg

f0030814_23143722.jpg

f0030814_2313163.jpg

f0030814_23111098.jpg

f0030814_237298.jpg
f0030814_238219.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-25 23:05 | Comments(0)

ドラキュラ

f0030814_0372142.jpg



1月24日(火)

    鶴見俊輔:編【老いの生きかた】ちくま文庫

    目次
    柳先生…………………………中勘助
    『黄昏記』より………………真野さよ
    生命の酒樽……………………山田稔
    歳晩期の斎藤茂吉……………鮎川信夫
    幸せな男………………………高森和子
    ジジババ合戦、最後の逆転…富士正晴
    分別は老熟につきもの………キケロ 吉田正通:訳
    若さと老年と…………………金子光晴
    老齢は強力な病気……………モンテーニュ 原二郎:訳
    要約すると……………………モーム 中村能三:訳
    七十歳の自画像………………サルトル 海老坂武:訳
    あととさき……………………室生犀星
    耄碌寸前………………………森於菟
    現在高…………………………幸田文
    小さくなる親…………………串田孫一
    おいしい仔犬…………………戸井田道三
    巣箱……………………………野上弥生子
    年齢のこと……………………天野忠


 この本、当然老いのことを書いてあるのだが、コラムというかエッセイがスバラシイ。現在高・幸田文、年齢のこと・天野忠が特にいい。


 
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-25 00:37 | Comments(0)

勝負は、攻めか

f0030814_0533812.jpg


                1月23日(月)            

  土、日の二日間、卓球全日本選手権の女子シングルス決勝選と男子シングルス決勝選をテレビで見た。女子は、福原愛選手が13度目の挑戦で前年度優勝の石川佳純選手を破った。男子は、高校生・吉村真晴選手が5連覇中の水谷隼選手に競り勝った。2試合とも勝者は、受身にまわらず、攻めに徹していた。11ポイントというのは、あっという間に終わってしまってなかなか立て直しが効かないことだ。男子は、2セットをあれよあれよという間に高校生・吉村真晴選手が取ってしまい、こんなはずではと思ったのが最後まで響いたのか。3-3で、7-10から逆転して勝ってしまった。何か風貌が日本人離れしていると思ったら母親が外国人のようだ。試合後のコメントで水谷隼選手がパニックになってしまった、と言っていてベンチで頭を抱えていたのが印象的だった。届いた『PRちくま』2月号の封筒を開けて見る。目次の[装幀者のための読書]司修に目が行く。三浦哲郎【流燈記】の紹介・書評されている。若いころ読んだ【笹舟日記】というのが、今でもエッセイの中では一番私は気にいっているので、この書評にはうんうんと頷くことばかりだ。[テレビ幻魔館・最強の「紅白」]佐野眞一の大晦日紅白歌合戦の視点が楽しい。《最強の「紅白」》から、審査員は、作曲家古賀政男・古関裕而・服部良一、作詞家西条八十、詩人大木惇夫、演出家久世光彦、落語家立川談志、作家色川武大、こわオバ系白洲正子、高峰秀子、向田邦子。司会は、白組玉置宏、赤組水之江滝子。大トリは、美空ひばり「越後獅子の唄」の哀調、尾崎豊「卒業」の絶叫の対決としている。まあ、読んで見れたし。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-24 00:54 | Comments(0)

絵はがき

f0030814_22261313.jpg



生田誠コレクション・イメージアーカイブ
http://search.dnparchives.com/WEB/feature/tk_ikuta.html

              1月22日(日)

   夕方、〈西荻ブックマーク〉での『絵葉書とスカイツリイ』というトークイベントに行って来た。うーん、一声で言えば楽しかった。 絵葉書研究家の生田誠さんのトークも絵葉書への情熱がこもっていて聞いていて、それが分かる会場内の雰囲気だった。前解説での生田さんが絵葉書に向かう時期の話が興味深いものがあった。新聞記者、会社を辞めてでも絵葉書の蒐集、研究、探求の道へ。トークは、スクリーンに映されて、スカイツリイ、東京タワーから塔、電車、橋、美人などのジャンルに分けて解説されていく。ここで解説された絵葉書が帰ってネットを調べてたら、上記のような『生田誠コレクション・イメージアーカイブ』に出ていて見て楽しめる。今日見たもの以外のものも沢山載っていて十分楽しめるものだ。絵葉書のコレクション状況やら海外には絵葉書専門屋があるなど、また、絵葉書の収集の仕方など。帰り、近くのギャラリーに展示されている一枚がプレゼントされるということで迷いに迷って、写真の一枚にした。浅草十二階、ニコライ堂、電車と橋、どれもが欲しかったが、日本橋の凱旋門にした。生田誠さん、初めて会ったと思っていたがどこかで会ったことがあるナーとトーク中にやっと思いだした。谷中『ブーサンゴ』で開かれている茶話会で会ったというか、見た人だったのがトークの後半で分かった。生田誠さんは、生田耕作さんの甥っ子さんなのか。下記の林哲夫さんのブログにも出ていた。



daily-sumus:季節料理ちとせ
http://sumus.exblog.jp/10970219
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-01-22 22:26 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧