「ほっ」と。キャンペーン

モンガの西荻日記

<   2012年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

世田谷文学館へ

f0030814_0225738.jpg


             3月30日(金)

  世田谷文学館が開館記念日(3/30,3/31,4/1)だというので入場無料というのを忘れていなかったので、《企画展:都市から郊外へ―1930年代の東京》を観に行く。荻窪からバスに乗る。日差しがあり、適当に揺れるので眠たくなってくる。前半の運転手さんがやけに飛ばし過ぎの感じだから、後半、交代した運転手さんがやたら遅く感じてしまうが街中を走るバスならこの程度がちょうどいい。バスから降りると風が強くて、花粉がまともに目に入っているのか、痒い。世田谷文学館に着いて、2階から見て行く。観客は普通の平日よりやや多いといった感じで入場無料であっても、そんなに多くない。住宅、広告、写真、文學、音楽、映画、1階が絵画/彫刻、版画の展示だ。昔の仕事柄、住宅が気になった。分譲地の販売、そしてその家など。家の坪数が大きく、間取りも多い。どの程度の人たちが購入して住んだのか。村山槐多に期待したが一つの展示でガックリ、しかし稲垣知雄の版画がいいので来たかいがあった。稲垣知雄の版画の点数も多くて見応えがあった。少年探偵団シリーズの挿絵画家、梁川剛一という名を知った。絵画ばかりとかでなく、視点が違うのがあると見ていても飽きなくていい。調布の円居さんと〈ブ〉を廻って帰る。それと、世田谷文学館にチラシが置いてあったのだが、春風亭一之輔さんって、もっとキリッとした顔だちではと思ったがどうなのか、脳天先輩どんなものでしょうか。





世田谷文学館:都市から郊外へ―1930年代の東京
http://www.setabun.or.jp/exhibition/tokyo1930/


春風亭一之輔公式サイト「いちのすけえん」
http://www.ichinosuke-en.com/

f0030814_021986.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-31 00:21 | Comments(1)

高円寺へ

f0030814_115641.jpg


             3月29日(木)
  高円寺での西部古書「ブック&A」という即売展へ行く。藤原マキ【駄菓子屋】ワイズ出版を購入する。なんとも言えない画風、鮮やかな色使いの本だ。もう1冊、平岡正明【平民芸術】三一書房、1000-引きの値段書きになっていたので購入する。よく古本屋で目にする名前なので、眺めて見ることにする。この一冊に詰まっている感じなので。3月も終わりというのに、気温が暖かくなってこない。マフラーを外すと夜は首廻りが寒い。荻窪から歩いて帰る途中、ランニングする人たちを何組か見かける。ランニングを始めたばかりか、『ゆっくりゆっくりでいこうね』と声を掛けながら走っていた。春は来るんだろうか。




f0030814_13520.jpg
f0030814_132317.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-30 01:02 | Comments(0)

スカイツリー

f0030814_1346406.jpg


               3月28日(水)

  昨夜、甘夏さんからメールが入り、急遽手伝いに行く。いつも、曳舟で降りて行くが、今日は押上から歩いて行く。一区間だが、西荻窪からだと140-も違うのだ。ふるほん日和「曳舟ブックマルシェ」での全国から届いたダンボールから本、雑貨類のスリップ抜けから高額商品のチェック、総数など。高額商品が1000-以上なので、それを書きだすのが大変だった。高額商品と言っても、そのほとんどが2000-以内な感じだった。午後1時過ぎから6時までみっちりの作業だった。これは、甘夏さんでも店を営業しながらでは一箱くらいしか出来なかっただろう。手伝いに来られたリコシェさんと3人で会話しながらだが、途中から、その会話もないほどの作業だった。夜、もうひとつ用事があったが寒く、薄着だったので帰る。音羽、盛林堂に急遽作成したという「曳舟ブックマルシェ」のチラシを依頼して帰る。



「曳舟ブックマルシェ」:全国の古本屋さんから本・紙もの・雑貨類が
http://furuhonbiyori.seesaa.net/article/259709480.html
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-29 13:46 | Comments(2)

私小説

f0030814_233644100.jpg


3月27日(火)

  新橋の古本市に一度も行ったことがないので行って見たが、特に何も見つからなかった。見所は西村文生堂さんかな。夕方、風が吹いて寒かった。神保町にも寄るが店が閉まっているところが多かった。古書モールも寄るが何も購入しなかった。寒い、寒い。三島由紀夫【作家論】中公文庫に、尾崎一雄、上林曉、外村繁が同じ項に出ていていて興味深い。尾崎一雄は、うーんなるほどと頷く事が多い。「暢気眼鏡」「虫のいろいろ」を取り上げていた。今度、「暢気眼鏡」を読んで見なくては。



 尾崎一雄は、呑気なようでいて呑気でない、感傷をちらりとも見せない、したたかな作家である。苦い簡潔さに充ち、しかもどこかに大家のお坊ちゃんらしい闊達なところがあり、◯落放胆なところがある。だらしがないようでいて、浪曼派自己破壊に陥らず、ストイックでどこかがきゅっと締まっている。その文章はよく目が利き、あたかも歌舞伎役者が〆める角帯のように、ゆるゆると巻いているくせに、飛んでも跳ねても解けないのである。ユーモラスかと思うと、油断のならない警抜な目が光り、宿命論者かと思うと、実によく「生きること」を知っている。三島由紀夫【作家論】から
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-27 23:37 | Comments(0)

目が痒い

f0030814_1421276.jpg


              3月26日(月)

  新宿、駅の歌舞伎町側の改札口から出たら、若い女性向けのファッションの店がズラリと並んでいる。淡い色の洋服が、いかにも春、春だと騒いでいたが、地上に出ると寒いままだ。ジュンク堂、3.31で閉店ということで覗いて来たが、棚が空いているところがあって寂しい雰囲気だ。階下の三越アルコットも同時期に閉店となっていたが、今後このビルはどうなるんだろうか。尾崎一雄【虫のいろいろ】新潮文庫のなかから、3篇ほど読む。叔母さんにあたる人がレールの前に立って電車を止めたなど、私小説ならでの話が面白い。目が痒さが増してきた。花粉症にはつらい時期だ。それでも今年は、例年よりも少しだが楽なような気がする。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-27 01:42 | Comments(0)

放浪書房は、愉快だナー!

f0030814_0274163.jpg


               3月25日(日)

  ふるほん日和のオープニングイベントが、東向島「寺島集会所」であるので聞きに行く。「公開取材 岡崎武志が聞く放浪書房の世界」。放浪書房のトミー君と会ったのはいつだったか、深川で初めて花屋さんで一箱古本市があった時だ。やまがらさんに紹介され名刺を見て、ビックリした。まあ、同性というだけだが。この名前、結構普通の名前だが、そんなに会うことがないのだ。トークは、放浪書房・トミー君が8割、いや9割で残りが岡崎さんが相の手・声を入れるということで進んで行く。会場もアットフォームな雰囲気で2回ほど、電気が落ちるなどあっても皆騒がない。スクリーンに写った写真を見ながら、説明されていくが、そのどれもが話しのネタになっているのだ。放浪書房と言えば、旅をしながら本を売って歩く、そこでつきものの出会いや食事、宿屋など。グルメ篇では、デカ盛モーニング パン1斤、タマゴ焼き12個、中ジョッキーの飲み物セットが映しだされて、『これいくらでしょうか』。すき焼きの割り下を使った焼きそばなど数々。その写真を見て、大爆笑だった。野宿の話もなるほどと思った。野宿がらみのロマンス篇もよかった。じろ吉さん夫妻と笑いながら聞いていた。岡崎さんの誕生日が近いというので、可愛いいケーキが登場したりで和やかだ。もつ煮も旨かった。腹が空いていたので直ぐに流し込んだ。いやー、楽しかった、岡崎さんと組んで全国を廻れるのでは。漫画本では、放浪書房が出来ているが本はまだのようで本を出したら売れるように思うが放浪書房・トーミー君は苦手というようだから誰か書いて欲しいものだ。打ち上げの途中で抜けだして、深川いっぷくに寄って出品本を整理して帰る。レインボーさんにもお世話になってしまった。そうだ、レインボーさんから行ってきた小平の件を聞いた。古ツアさんも来ていたと言っていたが、どこで情報収集するんだろうか。深川いっぷくに行くと、次のイベントの飾り付けが大勢の人で行われていてビックリした。今回は、反省することばかりで人間的に成長していないナー。打ち上げでは、アルコールを飲まなくてよかった。フラフラしながらキャリーカーを引いて帰った。階段がきつかった。




okatakeの日記
http://d.hatena.ne.jp/okatake/20120326




「メモ」
バイト 四国 ママチャリ  旅から本売りに  47都道府県で佐賀、長崎だけがまだ。
グルメの数々 デカ盛モーニング パン1斤、タマゴ焼き12個、中ジョッキー。
宿の数々、ロマンス篇も良かった。
京都の鴨川が最初。
なぜ、車でまわらないのか。
沢木耕太郎【深夜特急】
1000枚以上ある内100枚程度の写真を見た。








f0030814_02848.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-26 00:29 | Comments(0)

月島へ

f0030814_0225073.jpg


             3月24日(土)

 【あいおい古本まつり】での[天野智行(古書コンコ堂)トーク・〈普通の本屋〉をめざして]を聞きに行く。予約しなくて出掛けたので早めに行ったが電車の中でスマートフォンをいじっていたら乗り換えの飯田橋を乗り過ごししまって、後戻りする。スマートフォンの文字書きなど初歩的なことを夕方盛林堂寄って教えてもらった。それで、どうにか写真をブログに載せられた。トークは、私の知っている人柄がそのまま出ていた。いきなり、司会のナンダロウさんがももクロの話題をふったのにはちょっとビックリ。古本屋を開業するまでの道のりが聞いていて、そうなんだよナー、と思われるところが多い。そのときどきに、出会う人との関わりが、その後の人生に影響を与えるのか。『うちでバイトしない』という音羽館店主さんの一言が、大きな古本屋開業の大きな一歩だったのか。古書組合の経営委員もやられていたのか。古本屋開業の際には、知り合いのバンド仲間が駆けつけてくれたようだ。大震災の後なので、本棚には大変気を使って注文されたようだ。そうだよナー、こんないい本棚を見たことがない。いい本を置くより、売れる値段の本を並べることが大事なのか。敷居の低い古本屋か。キレイな奥さんといつまでも頑張って欲しい。



古本ざしきわらしが行く
http://pippo-t.jp/newpage265.html

古本イン・ツアー・ジャパン
http://blogs.dion.ne.jp/tokusan/archives/10205732.html
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-25 00:23 | Comments(0)

スマートフォンに

             3月23日(金)

  持っている携帯をスマートフォンに替えた。使っているのをポケットから何回か落として、その度に、蓋がとれて床に飛び散るのだ。セールの案内が来て、もっているポイントを使えば、それほどの金額ではないようなのだ。小雨の中、新宿の店に行く。待たされる間に、どういうのがいいかを教えてもらうが、よく分からない。デザインというか、手持ちのいいのを選ぶがこんなことでいいんだろうか。順番が来て、担当者、男性の教え方が突き放したかと思えば、親切な風でもあり、スマートフォンに早く慣れることを実感させたかったのだろうか。新宿駅から電車に乗って携帯をいじって見たが、もうさっぱりでどうしたらいいかが最初が、…。ナゴヤブックマークのチラシを置きがてら、グラシン紙を2枚ほどもらうために盛林堂さんにお邪魔する。店主さんが、わざわざ実演してもらった。函の方も、見せてもらったが、あっという間に出来上がる。素人、不器用な私には出来るのかと思う。何枚か分けてもらった。感謝。店頭のサンリオSF文庫を数冊購入する。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-24 08:55 | Comments(0)

八王子へ

f0030814_22105163.jpg



                3月22日(木)

 八王子の八王子市夢美術館・「加藤久仁生展」を見に行く。電車に乗って座れたので、尾崎一雄【虫のいろいろ】新潮文庫を開いて、代表作「虫のいろいろ」を読む。吉祥寺から乗ってきた女学生風の二人連れが横に座って、会話が『今年、マイアミにいるから来ない』『マイアミに行くにはどれくらいかかるの』などのことばが耳に入ってきて、特快電車に乗り換える。「虫のいろいろ」、作家が一日の大半を横になって、天井を眺めると、そこに蜘蛛などの虫が現れる。そんな虫のあれこれを観察・眺めながら人間というものも考えるのだ。




 私がこの世に生まれたその時から、私と組んで二人三脚をつづけて来た「死」という奴。たのんだわけでもないのに四十八年間、黙って私と一緒に歩いて来た死というもの、そいつの相貌が、この頃何かしきりと気にかかる。どうも何だか、いやに横風なつらをしているのだ。
 そんな飛んでもない奴と、元来自分は道づれだったのだ、と身にしみて気づいたのは、はたち一寸前だったろう。つまり生を意識し始めたわけだが、ふつうとくらべると遅いに違いない。のんびりしていたのだ。
 二十三から四にかけて一年ばかり重病に倒れ、危うく彼奴の前に手を挙げかかったが、どうやら切り抜けた。それ以来、くみし易しと思った。もっとも、ひそかに思ったのだ。大っぴらにそんな顔をしたら彼奴は怒るにきまっている。怒らしたら損、という肝だ。急に歩調を速めだしたりされては迷惑する。
 こういうことを仰々しく書くのは気が進まぬから端折るが、つまるところ、こっちは彼奴の行くところへどうしてもついて行かねばならない、じたばたしようとしまいと同じ―このことは分明だ。残るところは時間の問題だ。時間と空間から脱出しようとする人間の努力、神でも絶対でもワラでも、手当り次第掴もうとする努力、これほど切実で物悲しいものがあろうか。一念万年、個中全、何とでも云うがいいが、観念の殿堂に過ぎなかろう。何故諦めないのか、諦めてはいけないのか。だがしかし、諦めきれぬ人間が、次から次と積み上げた空中楼閣の、何と壮大なことだろう。そしてまた、何と微細なセン巧を極めたことだろう。―天井板に隠現する蜘蛛や蝿を眺めながら、他に仕方もないから、そんなことをうつらうつらと考えたりする。
「虫のいろいろ」から


  八王子市夢美術館のビルに入ったらガランとしていたので、観客が少ないかと思っていたが二階の展示場に行ったら、それなりだった。学校が春休みになったせいなのか。「加藤久仁生展」、名前は知らなかったが絵の方は何度か見たように思う。絵本作家、アニメーション作家なのか。スクリーンに写ったアニメーションが良かった。「つみきのいえ」、草原の中に建った家が、少しずつ海水に侵されていく・浸水していく、そのたびにレンガで積み上げて家を上に増築していくのだ。家族の思い出がミズの中に埋没していく。人間の生存はなんぞや、と問いかけているのか。何か、読んだ「虫のいろいろ」とだぶったりして考えさせられる。



  まつおか書房、外棚から小島信夫【女流】集英社文庫を購入。佐藤書房には初めて行く。数冊購入する。幅広い種類の本が並んでいて、それなりの価格であるが安めに感じた。いい店だ。〈ブ〉も覗くがこれといったものが何も見つからない。


 「虫のいろいろ」の最後に作家が額に飛んできた蝿を額のしわで捕まえるのがユーモラスで終わっているのが、病気というなかに明るさを感じた。



八王子市夢美術館・「加藤久仁生展」
http://www.yumebi.com/exb.html



f0030814_22114763.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-22 22:10 | Comments(0)

深川

f0030814_2305193.jpg




「いっぷくいっぱこ古本市」
http://ippuku3.exblog.jp/14829655/



「散歩の達人」
http://www.kotsu.co.jp/magazine/sanpo/
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-03-21 23:01 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
こんにちは。 私も世田..
by desire_san at 14:27
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧