モンガの西荻日記

<   2012年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

6月も終わり

f0030814_22513092.jpg


              6月30日(土)

  地井武男さんが亡くなったというのがショックだ。いつも[ちい散歩]を見ていたから。それから散歩している人たちにも影響がありそうだ。番組に出なくなって、アレレと思った矢先だった。今、加山雄三さんがやっているようだが、見たことがない。ラジオにシフトしてしまった。[梅ちゃん先生]は、見ているが。まだ、梅ちゃん先生に診察してもらう気持ちになれないナー。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-30 22:52 | Comments(0)

阿佐ヶ谷へ

f0030814_17493.jpg


                 6月29日(金)

  スマートフォン、今度はメールをしていたら容量不足と出て、アプリなどのデータ消去してみたりするが、直ぐに容量不足が出る。ドコモに寄って見てもらうが、何かに移してもらって容量不足はやや解消だとか、時間を掛ける必要があるとか。うーん、欠陥なのかナー。阿佐ヶ谷に行って古本屋を何軒か、廻って見る。いろいろなところがあって見る価値があった。最後にコンコ堂さんに寄って、店番の奥さんとちょっとだけ話をする。そこから二駅分歩いて帰る。ウインブルドンのテニス、錦織選手の試合を見たが、変に落ち着いていた気がする。ランクが100位以下の選手だが、試合はどう転んでもオカシクないのだが、余裕があるのか要所で相手を圧倒していた。オリンピック開催まで1ヶ月とか、今回は盛り上がるのか。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-30 01:08 | Comments(0)

-

f0030814_11344557.jpg


                   6月28日(木)

  荻窪の金融機関へ。半年に一回の面接。こちらがするのではなく、あちらがするというのが何とも言えない。まあ、会社経営で考えると、それも有りか。世間話、いや世界話が多かった。経済、どこかがオカシクなると順々に廻って来てくるから全部に影響してくる。国債なんか、みんなで持ち合っているんだから、当たり前か。荻窪と西荻窪の中間あたりにあるダイソーへ寄る。レポTVで西友のジーパンのことを最後の方で取り上げられていたが、文房具なんかも、ひょっとしたら100Sよりも安いのがあるように思うんだけど。単価が安いというのは、どこかにシワ寄せがあるんだろうが、ある程度の製品なら安価にこしたことはないんだし、よくわからない。その西友でクレジットカードを使いだしたら、余計なものまで、つい買ってしまいぎみだ。そこが狙い目だったのか。買物は水曜日と決めておこう。5%引き。Tシャツ、490-か。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-29 11:34 | Comments(0)

八王子夢美術館へ

f0030814_2364976.jpg


               6月27日(水)

  八王子の八王子夢美術館で開催されている[たむらしげるの世界展Ⅱ 空想旅行]を見に行く。平日なのでお客さんもまばらでゆっくりと観れる。たむらさんの絵は、夢美術館の名前にふさわしいもの・作品ばかりだ。現実と空想の世界が行きつ戻りつする絵だ。空想だが、現実にもありそうな、また逆のことも。「水晶の世界」というコーナーでは、ひときわ透明感が出ている絵ばかりだ。鉱石のもつ神秘なものがあった。技法も紹介されていたが、いろいろあるんだ。額が同じようなものばかりで、額を違うものに変えたら、絵はどんな風になるのかも見たかった気がする。そんなことをしたら主題と違ってまずいのか。ゆっくり、二廻りして見た。図録はなく、ポストカードがあったので購入する。数量限定というのに弱いのだ。佐藤書房に寄る。入り口の文庫、今日は惹きつけられるものがなかった。店内も見て廻ったが、迷うものばかりでふんぎりが付かなかった。〈ブ〉にも寄る。絵本コーナーを見たら、偶然にもたむらしげるさんの絵本があったので購入する。他ではあまり見かけないが、たむらさんがこの辺が出身地だとか、からか。




八王子夢美術館
http://www.yumebi.com/


f0030814_0535549.jpg

f0030814_0543220.jpg
f0030814_0545220.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-27 23:06 | Comments(0)

駒井哲郎展へ

f0030814_042047.jpg


                  6月26日(火)

  何だか、晴れているが日陰に入ると寒く感じて、体調がオカシイのか。昨日も、夕方散歩していたら鼻水が出てきたが、気温は下がっていたのか。渋谷から東急田園都市線で用賀へ。今日は、間違えずに砧公園に着く。そこ、公園内を斜めに横切って歩く。ハダカで日光浴している人がいたり、あと多いのは、シートを敷いてる母子連れが目立つ。ここの公園も大きな木が何本もあり、落ち着いた雰囲気がするところだ。無事、世田谷美術館にたどり着く。[駒井哲郎 1920-1976 福原コレクション]展、それに[花森安治と『暮しの手帖』]展、両方見れると思って来たが、[花森安治と『暮しの手帖』]展は、6月30日からだった。何を勘違いしたんだろうか。しかし、チケット売場で、6月30日、7月1日なら、[駒井哲郎 1920-1976 福原コレクション]の券でも入れると聞いたが、どうしょうか。次回の[村山知義の宇宙]展と一緒の方に来た方がよさそうだ。[駒井哲郎 1920-1976 福原コレクション]展の会場内に入って、直ぐにルーペを作品の近づけて鑑賞されているご婦人を見て、版画の細かいのを見るのに必要だと思う。エッチングというのか、細部の線がスゴイ。会場内、お客さんも多くなく見るのにちょうどいい感じだ。駒井哲郎、去年、深川いっぷくで出店したとき、そこの店主さんが近くの東京都現代美術館の券をくれて、今開催されている企画展より、常設の駒井哲郎の作品を見て下さい、と激賞されていたのだ。いい機会だから、もっと見てみたいと考えて来て見たのだ。原板の銅板に描かれたもの自体もいい。勿論、それから作品になるのだが。詩人、作家とのコラボの作品展示もあり、展示数も多く堪能できた。その作品のほとんどが福原コレクションなのか。二回りして、出口の経歴を見たら、東京美術学校を卒業して「松田平田設計事務所」に入所しているとありびっくりした。油画科から建築設計事務所に入ったのか。僕らの時代には、[松田平田坂本設計事務所」となっていたが、この設計事務所もかなり以前からの事務所なんだ。そして、またびっくりしたのは、結婚して住んだのが、「西荻窪松庵北町」になっていたことだ。駅の南口の方だ、何だか余計に親しみを覚えてきた。駒井哲郎という人、長身で顔がマジメそうで優しい顔付きだナー。しばし、通路のソファで休憩して、ポスターを携帯で映していたら、係の人が来て、『館内は写真撮影は禁止ですので、…』と言われる。直ぐ近くの係員でなく、たぶん受付の方のようで、監視カメラで見られていたのか。気を付けよう、でもポスターなので宣伝になってよさそうな気もするがどうなんだろうか。用賀から溝の口経由で帰ろうかと考えていたが、渋谷から井の頭線で吉祥寺へ。久しぶりによみた屋さんに寄る。思いがけない本があって数冊、購入。店内、若い人が数人いる、吉祥寺だからか。〈ブ〉も覗くが何も見つからない。そこから歩いて帰る。寒い感じがするが、そう感じるのは私だけなのか。




世田谷美術館[駒井哲郎 1920-1976 福原コレクション]
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html


世田谷美術館[村山知義の宇宙]
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/next.html


f0030814_0463719.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-27 00:42 | Comments(0)

モモクロではなく

f0030814_235461.jpg


                6月25日(月)

  テニスのウインブルドン大会が始まったようだ。深夜、土居美咲選手のを見たが、勝てると思っていたがまけてしまった。何か精神的なタフさが欲しい気がする。私は、団地住まいしていたとき、テニスを始めたが、少しラリーが続くようになって来ると一層楽しくなってくる。今の時期に、振り回し、野球でいうとノックに近いことをやらされる。コーチが打ってくるボールをコートに返す、この繰り返しだが、間を置かずにボールが飛んでくる。ちょっと横に動けたら取れそうなところだったり微妙なところばかり打ってくる。5分間くらいだったが足がフラフラになって、水分が汗で飛んでいってしまうほどだ。終わったあとの冷たい麦茶が美味しかった。『テニスのプロ、この練習は10面使ってやっているぞ!』とコーチがよく言っていたが、そんなバカなと思っていたが、最近のコマーシャルで錦織圭選手が2面を使ってやっているシーンが流されていた。僕らは1面でも、サイドに振られて、また片方のサイドなど余程のことがないと取れないが、プロなら当たり前に取れなくてはやっていけない。テニスも、また楽しいが、もう動けないだろう。甥っ子の結婚式が終わって、お礼にお菓子セットが送られてきた。ハワイでの結婚式、写真があるというので見ると何組も、次から次へと式をあげている。憧れのハワイが、何だか当たり前のハワイになってしまったのか。写真も専用のプロカメラマンが撮っているのか、良いアングルばかりだ。甥っ子、この日を忘れずに幸せになってくれと祈る。


結婚の写真:私にほんのちょっと似てるのがそうですが、たぶんわからないだろうナー。
http://www.acreee.com/koba_blog/index.php?offset=1



f0030814_23194113.jpg
f0030814_2320752.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-25 23:05 | Comments(0)

横浜美術館へ

f0030814_20462310.jpg


               6月24日(日)

  荻窪まで歩いて、電車で渋谷乗り換えて東急東横線、みなとみらいへ。東急東横線、久しぶりに乗る。何年ぶりだろうか。東急東横線、網棚の位置がエラク低い。吊り革の位置も低い。全体的に高さがないのか。渋谷から横浜まで特急で26分、260-、荻窪から渋谷がJRで210-、変らないじゃん。みなとみらいまで行ったので440-も取られちゃった。みなとみらいの駅に降りて、地上に出ると建物群が現れてくる。みなとみらいよりミナトミライの方が合っている感じがする。駅から歩いて、直ぐのところに横浜美術館はあった。初めてかナー。建物内に入ると、ロビーが大空間になっている。不経済の設計だが、見る方にはいいのかも。エスカレータで二階の展示室群へ。[マックス・エルンスト]展を観る。この展示が最終日なので賑わっていたが、異様な静けさだ。東京でよくみるオバサンたちの姿が少なく、美的センスがわかるような容姿のカップルが多い。「フィギュア×スケープ」という副題の通り、フィギュア、風景を様々な技法を使って作品にしている。幻想的であるが、不思議な親近感を持たせる。なんだろうか、トゲトゲしくなく丸みを持つ作品が多いせいだろうか。もう一度見てみたいと思って、帰りに図録を購入してしまった。[横浜美術館コレクション展]も観れるというので、これも観る。有名な作品がいくつもあった。ダリの大きな作品が三つも並んで展示されていた。これだけの作品を観れたので遠路来たかいがあった。係りの人に、ロビーの写真を撮ってもいいか、と尋ねると、個々の作品はダメだが全体ならいいと言うことなので一枚撮るが、ここの空間が出せない写真になってしまっている。横浜美術館、いつ頃建ったのか、外壁、内壁も石貼りだ。屋根は、金属板で大梁間を覆っている。展示の仕方、ガラス越しに観る作品が天井の照明や、見る人の画像が作品上に重なってしまっているのが残念だ。帰りは、横浜駅を目指して歩こうと思っていると、何やら両側にアトラクションな店が並んでいて家族連れや若い人達のストリートになっている。もしかして、と思って人の流れに乗って歩いていたら横浜駅に着いてしまった。そういうルートにされて計画されているのか。駅構内は、日曜日の夕方、混雑の極みだった。また、うまく特急に乗れて渋谷に帰って来れた。JRより、東急東横線、こちらが時間的、料金的にも便利なんだろうか。





横浜美術館[マックス・エルンスト―フィギュア×スケープ]
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2012/ernst/index.html





f0030814_2048041.jpg

f0030814_20482255.jpg
f0030814_20484475.jpg
f0030814_2049378.jpg

f0030814_20591876.jpg
f0030814_2059166.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-24 20:49 | Comments(0)

-

f0030814_23511241.jpg



               6月23日(土)

 

      シャボン玉

    赤、黄、青・・・・七色に光るシャボン玉
    ふわふわ飛んでるシャボン玉
    気持ちよさそうなシャボン玉
    一杯、一杯飛んでるシャボン玉
    幸せそうなシャボン玉
    でも、ひとつ、ひとつ消えていくシャボン玉
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-23 23:51 | Comments(0)

初めてクレジットカードを使うの巻

f0030814_1581730.jpg


               6月22日(金)

  夕方覗くと無いときがあるので昼間見たら、まだ数本残っていたので購入することに。トマトのジュースのことだ。カだと100-弱高く、イだと50-安い。西友オリジナルの方が高いのが珍しい。この種類のトマトジュースだけが、何故売れるんだろうか。味が濃いような気もするがどうなのか。トマトジュースにはまってしまって、1日1本のペースで飲んでいる。それよりも今日初めてクレジットカードを使った。届いて2ケ月も経つのに、何だか使えなかったのだ。よくわからないので、ドキドキしてしまったが、あっさりと終わってしまった。列に並んでいると半分くらいの人がカード支払いだ。『マイニチイチパー、トキドキゴパー、…』となりゃー誰だってカードにするか。カードだと割引があって、現金払いだとないというのはどうしても腑に落ちない。時代が変わったのか。家では、ネットスーパーを使っていて、配達してくれるからいいのだという。一定以上の金額を買えば、配達も無料だ。今日、カードを使うとき、普通『1回でいいですか』みたいなことを店員さんが言うのだが、何も言われなかったが金額が安かったのか。ビニル袋もくれなかったナー。何か、プロの店員さが少なくなった。以前、家にたどり着くまで、頭の体操ということで暗算で合計を出していたら、どうしても合わないので、レシートを見たら、缶ビールの文字がびっくりして購入したものを覗いてもなかったが、あれには参った。そのあんチャン店員、直ぐに見かけなくなってしまったが。西友は安い、100Sより安いものが沢山あるからね。庶民のミカタ。
[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-23 01:58 | Comments(0)

友だちっているのかナー。

f0030814_723282.jpg


                6月21日(木)

  いやー、もう六月も二十日も過ぎていたんですね。ひと月が早く感じたり、遅く感じたりですが、年を重ねるごとに総じて早く過ぎていく感じになります。四十代は転がるように、五十代は滑るように年月が経っていくとか言われますが、振り返るとそうなりますかね。おお、コワイ、コワイ。高橋睦郎【高橋睦郎の友達の作り方】マガジンハウス、という本を、またもパラパラ捲って見たら、何人もの友達の巻があり、最初が「三島由紀夫の巻」で、三島センセイとは只ならぬ仲なので読んで見ることにする。(三島由紀夫とは、生年月日が同じというだけだが、もとい月日が同じというだけだが)まあ、気に入るととことん可愛がってくれるようだ。そんなエピソードが書いてある。この本の最後に[いんでっくす]と題して、名前に登場する頁が書き込まれていて、三島由紀夫が断然多い。次に多いのが金子國義だが、その倍はある。三島とゆかりの「森田必勝の巻」もあったりする。この人とは、三回会っていると書かれて、河豚の刺身を食べながら、三島由紀夫が『―それでは一言。今日ここにいる森田必勝という男は、近いうちに死ぬかもしれないし、生きのびてつまらない老人になるかもしれない。しかし、とにかくいまここにいる二十五歳の森田必勝はある価値を持つ存在だと思う。そういういまの森田を誰かに記憶してもらいたいと思って来たが、高橋いがいにいないようだ。そこで今日は森田に、これまで俺も聞いたことのない生まれてこのかたの話をしてもらう。』と言ったが、うかつにもれいのおふざけだと思った、と書かれている。そして、二ヶ月後に決行されたようだ。「三島さんの生の根本原理がエロティシズムであり、自死がその昇華であるためには、二十五歳の若さ匂い立つ死が必須だったのだろう。」ウ~ン。友達の巻には、詩人、作家の順か、そして私が知らないだけの人も半分くらい載っているので、少しずつ読んでみるか。と、言いながら、読まないのだが。原弘、鮎川信夫、吉岡実、稲垣足穂、金子國義、四谷シモン、武満徹、永田耕衣など、読みたいなー。あと、あとがきにチャールズ・ラム[昔のなじみ顔]の日夏耿之介訳がいいと紹介されているが、長いので書くのをあきらめた。

  

f0030814_1551644.jpg

[PR]
by nisiogikubo2005 | 2012-06-22 07:02 | Comments(0)



モンガの日々 感じること
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
土曜日はお疲れ様でした!..
by 校正屋楡の木 at 12:16
> トカゲさん おじい..
by nisiogikubo2005 at 11:17
一箱古本市、お疲れ様でし..
by トカゲ at 09:49
こんにちは。 私も『肉..
by desire_san at 15:44
モンガさん、ラジオ聴いて..
by 岡崎武志 at 16:34
この写真は三島由紀夫ですよ。
by zenopier at 03:43
こんにちは。 私は横浜..
by desire_san at 06:18
連絡、ありがとうござ..
by nisiogikubo2005 at 16:43
お店にあった「ノンちゃん..
by かわ at 12:31
こんにちは。国立新美術館..
by desire_san at 11:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧